• TOP
  • 芸能
  • ミス日本が高学歴化 東大理IIIファイナリスト2名の応募理由は

芸能

2018.08.28 07:00  NEWSポストセブン

ミス日本が高学歴化 東大理IIIファイナリスト2名の応募理由は

去年のリベンジを果たした西尾菜々美さん

 来年1月の本選で51回目を数える「ミス日本コンテスト」の地方予選が始まった。今年度の応募総数は2354人。8月27日には、全国でもっとも激戦区といえる東日本ブロックのファイナリストを決める大会が都内ホテルで開催された。

 書類面接審査を通過した25人が自己PRタイム、洋服審査、水着審査などに挑み、最終的に8人が本選への出場権を獲得したのだが、当サイトが注目したのは次の4人だ。

 まず、青山学院大学総合文化政策学科3年の西尾菜々美さん(21)。彼女は昨年もミス日本に応募して東日本大会に出場したが、惜しくも落選。最終補選に残るも全国大会まで駒を進めることはできなかった。

「去年はとても悔しい思いをして、今年は絶対に負けたくないと再チャレンジしました。この1年、たくさん自分磨きもしました。特に水着審査に備えて“見た目”はかなり気をつけました。人生で初めてジムに通い、かなり重いモノも持ち上げて頑張りましたしね(笑い)」

 そして、見事にリベンジを果たした。海外のミスコンでは水着審査を廃止する動きなどがあり、ミス日本でも今年の予選から水着を着たままのウォーキング審査をなくしたが、西尾さんは、むしろ残念そう。

「水着は体のラインや美しさが一番見えるもの。実際にその人がどんな生活をしているかとか、どんな物を食べてどんなトレーニングをしてきたかが全部表れます。実際に私も去年とは違う体を見せられると水着審査が少し楽しみだったんです。だから、水着審査はまったくやるべきではないとは思いません」(西尾さん)

関連記事

トピックス