芸能

東大王・伊沢拓司に密着、芸能活動忙しくサイト運営も好調

『東大王』の収録現場に潜入。「自信が生命線です」と語る東大王・伊沢拓司(撮影/菅原拓)

 小学5年生で「勉強で身を立てよう」と悟ったというほどの“最強の頭脳”を持つのはクイズ王として大活躍中の東大院生・伊沢拓司(24才)だ。クイズ番組では、冷静沈着に淡々と正解を答えていく伊沢だが、その素顔とは──普段、東大王は何を考え、何を思いながら生活をしているかを探るべく、伊沢の1日を追った。

 目を覚ますと、まずはシャワーを浴びて、頭をスキッとさせる。水を飲んで喉を潤した後は、その日に着ていく服にアイロンをかける──。東大王・伊沢拓司の1日の始まりだ。

「朝食はほとんど食べないですね。ゼリー飲料程度。お腹いっぱいだと眠たくなって頭が働きませんから」(伊沢、以下「」内同)

 現役東大院生である伊沢を一躍有名にしたのは、開成高校在学中に『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)で連覇を果たしたことだった。“高校生クイズ王”として注目されると、そのまま東京大学経済学部に進学。2017年からは現役東大生と芸能人がクイズ対決をする人気クイズ番組『東大王』(TBS系)でリーダーとしてチームを牽引している。街で声をかけられる機会も増えたというが「本業は学生です」と、伊沢は照れ笑いを浮かべる。

「でも最近は東京大学クイズ研究会の有志メンバーで立ち上げたWebメディア『QuizKnock』が好調なのと、タレント業も忙しくさせていただいているので、仕事と勉強は五分五分かな…(苦笑)」

 今回、本誌・女性セブンは『東大王』の収録現場にも潜入。

「本番が始まればガチンコですよ! 芸能人チームは勝利すれば賞金100万円ですし、ぼくらは“知力の壁”として、それを阻止しなければいけません。ぼくらが負けるとプロデューサーさんたちが、すごくガッカリするんで(苦笑)。初めて負けてしまったとき、司会のヒロミさんが高級焼き肉に連れて行ってくれて励ましてくれた。あれは嬉しかったな」

 伊沢に今後の目標を聞いた。

「QuizKnockを始めたのは、世の中のクイズの価値を高めたいと考えたから。だからもっと、“楽しんでいたら学べるコンテンツ”にしていきたい。1日手を抜くと2日頑張らなければいけないので、毎日真剣です」

 クイズ王は一日にして成らずのようだ。

※女性セブン2018年9月27日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン