• TOP
  • 国内
  • 橘玲×中川淳一郎 保守とリベラルの不毛なレッテル貼り

国内

2018.09.25 16:00  NEWSポストセブン

橘玲×中川淳一郎 保守とリベラルの不毛なレッテル貼り

橘:政治的に微妙なテーマを扱うときは、「党派」のレッテルからいかに身をかわすかに意識的でないとヒドい目にあいますよね。でも逆にいうと、どちらかの党派に入ってしまえば楽なんです。思考停止できるし、右か左かにかかわらず「○○はけしからん!」みたいな本を書けば一定数の読者はいるわけですから、ちゃんと商売が成り立ちます。面白くはないでしょうけど……。

◆実名でリベラルな発言をすることの恐ろしさ

中川:保守とリベラルでどっちの人数が多いかと言ったら、私の実感としたら1対9くらいなんですよ。リベラルが1です。

橘:私は3対7くらいかと思ってましたが。

中川:声の数で言ったら3対7で正しいと思うんです。少数派であるリベラルが、必死に“狂った”日本の状況を何とかを変えようと思っている。人数的には9分の1くらいしかいないけど、とにかく危機感を持っているからなんとか必死に3倍の声を上げている状況かなと。最初、私はネトウヨ批判側として、ネットでの発言をやり始めたんです。2010年くらいから3年半くらいはそんな感じでした。ただ、それ以後、ちょっとおかしくなってるぞと。むしろ左が嫌いになっていったんです。その過程で反原発の運動があり、在日へのヘイトスピーチへのカウンター活動があり、LGBTとか、沖縄とか色んなイシューが出てきた。でも毎回出てくる人が同じなんです。反安倍政権というところで一致した人たちが、何でもいいから共産党と社民党と組んで、あるいは立憲民主党の誰かと組んで動こうというのが見え隠れしていて、そのいつもの方々が毎回元気なわけですよ。この人たちはすごい危機感もあるし使命感もあるんだなってわかる。それがさっきの声の数の「3」に出ているのだと思います。

橘:リベラルの退潮は、朝日新聞などを見ていても、「知識人」として論評するひとがどんどん減っていることに表われていますね。戦後民主主義の全盛期は大御所みたいなひとがいたうえで、次から次へと新しい論客が出てきた。いまでは同じ人物が時事評論から政権批判までなんでもやっていて、よく考えたら5人くらいしかいないんじゃないかという状況になっている。大衆知識人にかぎれば、明らかに保守派の方が人材が豊富ですよね。

中川:先日、朝日新聞に東京医大のデモを報じる記事が出ていたんですね。そこで取材をされていた一般人風の参加者のコメントがあったんですけど、その人、いつも反政権の活動をしている女性なんですよ。朝日もこの人にしかコメントを取れなかったのかと呆れました。

関連記事

トピックス