• TOP
  • ライフ
  • 【関川夏央氏書評】無名人たちの多難かつ悲惨な人生の物語

ライフ

2018.10.13 07:00  週刊ポスト

【関川夏央氏書評】無名人たちの多難かつ悲惨な人生の物語

『こころ傷んでたえがたき日に』/上原隆・著

【書評】『こころ傷んでたえがたき日に』/上原隆・著/幻冬舎/1600円+税

【評者】関川夏央(作家)

 初秋の井の頭公園の午後遅く、ベンチに五十代の女性が一人で座っている。「懐かしくて三十年ぶりに来た」のだという。遠い昔、公園の木蔭でテナーサックスを練習する五歳上の青年と知りあった。一年弱つきあって、別れた。彼女は大学の同級生と結婚した。しかし連れ合いは去年がんで亡くなった。娘が二人。

「大丈夫、寂しくないの。友だちもいるし」

 桜の葉が散る。池で鯉がはねる。今日はこれからジャズ・コンサートに行く、と彼女はいった。誰のコンサート? 尋ねるとチケットを見せてくれた。

「本多俊之と吹奏楽団コンサート」

 え? と聞き手は思う。昔つきあった彼って……?

「彼女はにこっと笑って、首を横に振った」

──人は誰でも「物語」を持っている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス