スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

羽生結弦と高橋大輔 無言の「場外乱闘」、ファン同士も舌戦

2018.10.19 16:00

「高橋大輔と同じ近畿大会に参加する選手が気の毒。その分、全日本選手権に1人出られなくなるわけでしょ」

「高橋大輔と同じ近畿大会に参加する選手が気の毒。その分、全日本選手権に1人出られなくなるわけでしょ」
「羽生ファンとはわかりあえないなー。嫌なら近畿大会を見なければいいのに」
「高橋のショートプログラムのあの衣装、羽生選手のマネでしょ。卑怯」
「高橋大輔がゆづに何かした? 勘違いのいいがかりはやめてくれないかな」

 ネット上では今、羽生結弦(23才)ファンと高橋大輔(32才)ファンの間で、激しい舌戦が繰り広げられている。

 10月7、8日に開催された『近畿フィギュアスケート選手権大会』。7月に現役復帰を電撃発表した高橋は、今シーズンの初戦をこの地方大会からスタートした。結果は3位、11月の西日本選手権に駒を進めている。ここで上位入賞を果たせば、羽生らシード選手が待つ12月の全日本選手権の出場権を手にする。

 そんな高橋の復帰に納得がいかないのが羽生ファンだ。

「もともと高橋ファンと羽生ファンは、熱狂的な“信者”が多く、タイプも違うのでファン同士の折り合いが悪い。高橋選手の引退で一時おさまっていたのが、今回の復帰で再燃してしまった形です。羽生ファンとしては“邪魔者が戻ってきた”“報道が高橋大輔ばかりで気に入らない”という言い分だそうですが…」(スポーツ紙記者)

 しかし、対立していたのはファン同士だけではないと前出のスポーツ紙記者は話す。

「高橋選手が現役復帰宣言をした翌日の7月2日、羽生選手の国民栄誉賞授与式が行われました。その会見の前、スケート連盟関係者から報道陣に向けて“高橋大輔さんの件についての質問はNG”という通達があったんです。発表の翌日に聞かないなんて、その方が不自然。でもフィギュアスケートに詳しい記者たちは“やっぱり”という受け止め方が多かった。それだけ羽生選手と高橋選手はデリケートな関係にあるんです」

◆オフシーズンの練習場かぶり

 羽生のシニアデビューは2010年。当時の高橋は日本の“絶対的“エースで、男子フィギュアスケート界をけん引する存在だった。フィギュアスケートに詳しいスポーツライターが語る。

「この年のバンクーバー五輪で高橋選手は銅メダルを獲得。まだ15才だった羽生選手にとって高橋選手は憧れの存在だった。羽生選手は、世界一といわれた高橋選手のやわらかく表現力豊かなステップを目標にしていました。高橋選手が羽生選手にアドバイスしてあげていることもあった」

 羽生の成長は目覚ましかった。シニアデビューとなった2010-2011年シーズンの四大陸選手権では初出場にして高橋の金メダルに次ぐ銀メダルを獲得。2012-2013年シーズンのGPファイナルでも高橋が金、羽生が銀になり日本人選手のワンツーフィニッシュという快挙。その年の全日本選手権では高橋を抑え、初優勝を果たした。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP