芸能

難病でリハビリ中の市原悦子 自宅で「決死の収録」に臨む

リハビリ中のため自宅で収録を行っているという市原悦子

 10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。

「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなどの仕事をこなしています。外出できる状態ではないため、テレビ局の番組スタッフが自宅を訪れて、なんとか収録をこなしています」(市原の知人)

 壁や柱から、私生活をそっとのぞき見する家政婦のように、市原のプライベートを垣間見ると、今、重大な局面を迎えていた──。

「むかーし、むかし、あるところに…」

 という『まんが日本昔ばなし』(TBS系)のナレーションや、ドラマ『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)の家政婦役で親しまれる市原が難病に襲われたのは、2016年11月のことだった。

「それまで健康だったのに、急に手足のしびれや痛み、かゆみや寒気などが発生して、市原さんはパニックになりました。救いようのない症状に“もうダメだ”と絶望して、錯乱状態で入院した彼女は、当時のことをほとんど覚えていないそうです」(前出・知人)

 市原の病名は「自己免疫性脊髄炎」。南相馬市立総合病院脳神経外科の嶋田裕記医師が説明する。

「何らかの原因で体内の抗体が自分の体を攻撃して、脊髄に炎症が起こる難病です。イメージとしてはリウマチに近いが、症状はかなりつらい。手足が動かなくなったり、麻痺や感覚障害、排尿や排便に支障が出ることがあります。薬物投与とリハビリが治療の中心で、まず強力な薬で炎症を抑え、その後、再発を防いでいきます」

 昨年夏前に、市原はリハビリ専門病院から退院して自宅に戻った。外出の数は極端に減ったという。その後の体調も芳しくなく、決定していた今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションも昨年11月に降板した。

「以前はよく若手を引き連れて食事に出て、お会計はすべて市原さんが持っていましたが、病気になってからはまったく見かけません。お手伝いさんやお付きのかたが身の回りの世話をしているようです」(近隣住民)

◆最初の数回が自宅ベッドの上で

 市原は1957年、21才で劇団俳優座に入団。朝から晩まで稽古に明け暮れ、『ハムレット』のオフィーリア、『三文オペラ』のポリーなど多くの舞台で大役を務めた。

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン