• TOP
  • ライフ
  • 【岩瀬達哉氏書評】なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか

ライフ

2018.10.20 16:00  週刊ポスト

【岩瀬達哉氏書評】なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか

『虚偽自白を読み解く』浜田寿美男・著

【書評】『虚偽自白を読み解く』浜田寿美男・著/岩波新書/880円+税
【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)

「四〇年にわたって虚偽自白の問題と格闘」してきた、法心理学者の慧眼の書である。有罪となれば死刑や無期懲役になりかねない重大事件で、やってもいない犯行を自白した冤罪被害者たちの、膨大な自白調書や取調室での録音記録を精緻に分析。「無実の人がどのような心理過程を経て虚偽自白に陥る」かを、丁寧に解説してくれる。

「こればかりは体験した者にしかわからない」が、「『お前が犯人だ』と言ってけっして譲らない取調官の『確信』の壁」は、「どれほど意思堅固な人でも、やがては虚偽の自白」に突き落とす。いっさいの抗弁を跳ね返し、無力感で人を押しつぶしてしまうからだ。

 捜査員の「証拠なき確信」は、「有罪方向へと導く強力な磁場」を生み出すが、当の捜査員たちをもからめ捕っていく。「捜査チームが一丸となって被疑者の有罪を固める方向に動いているとき」、ひとりの捜査員が、この人は無実ではないかと言えば、事件を潰してしまいかねない。その怖れと保身が、「不都合な可能性には目をつむるような心理」へと導くからだ。

 120年前、ベルリンで足し算のできる「ハンス」という馬がいたという。「観客の一人がハンスに『一二+九』という問題を出す」と、ハンスは蹄を21回叩いてやめた。計算ができたわけではなく、観客の微妙な反応を見て、蹄を叩くのをやめていただけだった。

関連記事

トピックス