• TOP
  • 国内
  • 『太陽にほえろ!』脚本家が身元不明の遺体で発見された事情

国内

2018.10.24 07:00  週刊ポスト

『太陽にほえろ!』脚本家が身元不明の遺体で発見された事情

石原裕次郎ら「太陽にほえろ!」の仲間たち(共同通信社)

 その“訃報”は、新聞の片隅で報じられていた。

〈秋田県仙北市の脚本家、高階航(本名、高階茂嘉)さん(76)方から身元不明の遺体が見つかっていたことが11日、秋田県警関係者への取材で分かった。高階さんは1人暮らしとみられ、連絡が取れていない〉(産経新聞10月11日付大阪夕刊)

 高階氏は高校卒業後に永六輔に弟子入りし、ドラマ『太陽にほえろ!』、『桃太郎侍』やアニメ『ルパン三世』などの大ヒット作を手掛けた脚本家だ。

 高階氏は30年ほど前に離婚、子供たちとも離れ、母親の介護のために1989年に故郷の秋田に戻ったという。“Uターン後”の高階氏と付き合いが深かった秋田在住の友人男性が話す。

「高階先生が話すのは東京で仕事していた時のことばかり。石原裕次郎とメシを食ったこととか、俺らには縁のないスターたちとの思い出だったよ。一昨年、先生が入院したときに『何かあったときにはどこに連絡したらいいんですか』と聞いたらAさんという人を挙げたけど、調べたらもう亡くなっていた。でも先生は他の連絡先を教えてくれなくてね。思えば自分や家族のことは話さない人だった」

 秋田に戻ったばかりの頃はよく自転車で外出し、周囲と挨拶を交わしていた高階氏だったが、いつしか知人たちと距離を置くようになっていたという。

関連記事

トピックス