• TOP
  • 芸能
  • 主人公が弁護しない『リーガルV』も!○○しない連ドラが流行

芸能

2018.10.27 07:00  NEWSポストセブン

主人公が弁護しない『リーガルV』も!○○しない連ドラが流行

米倉が演じるのは資格を剥奪された元弁護士

 米倉涼子主演で話題を集めている連続ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)。弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子(米倉)が、さまざまな難題を解決していく法廷ドラマ。この作品をはじめとして最近、ある設定のドラマが増えている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 初回から視聴率15.0%、18.1%、15.9%(ビデオリサーチ、関東地区)と今秋トップの数字を叩き出している『リーガルV』。そのタイトルからわかるように、同じ米倉涼子さん主演の大ヒット作『ドクターX~外科医・大門未知子~』を踏まえて作られていることは明らかです。

 米倉さんの演じる役柄は、『ドクターX』が外科医だった一方、『リーガルV』は“元”弁護士という設定。大門未知子は外科医として手術を見せ場にしていましたが、元弁護士の小鳥遊翔子は見せ場であるはずの法廷で弁護するシーンはありません。その代わりに、弁護士の青島圭太(林遣都)や京極雅彦(高橋英樹)、パラリーガルの馬場雄一(荒川良々)、伊藤理恵(安達祐実)、茅野明(三浦翔平)を操って問題解決に挑む姿が好評を博しているのです。

 つまり、「弁護士ドラマなのに主人公が弁護しない」という異色の作風がウケているということ。現在放送中の『SUIT/スーツ』(フジテレビ系)のほか、『99.9 –刑事専門弁護士-』(TBS系)、『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)、『リーガルハイ』(フジテレビ系)などのヒット弁護士ドラマは、主人公の弁護が見せ場となっていただけに、その差は歴然です。

◆ひそかに連ドラで流行っていた「〇〇しない主人公」

 ただ、「弁護しない元弁護士」のような「〇〇しない主人公」は、『リーガルV』だけではありません。連ドラでひそかに流行しつつある切り口なのです。

 前期も、小児外科を舞台にしながら「手術しない小児外科のレジデント(研修医)」が主人公の『グッド・ドクター』(フジテレビ系)、産婦人科を舞台にしながら「医療行為に携われないアルバイト看護助手」が主人公の『透明なゆりかご』(NHK)、母と娘のホームドラマながら「子どもを産まない義母」が主人公の『義母と娘のブルース』(TBS系)、デジタル遺品の抹消というテーマながら「死亡確認のために外出しないプログラマー」が主人公の『dele』(テレビ朝日系)が放送されました。

 また、春にも主人公の相棒ではあったものの、「外出捜査をしない刑事」の活躍を描いた『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系)が放送されましたし、昨年放送された『貴族探偵』(フジテレビ系)も「推理しない探偵」が主人公でした。

 連ドラの制作サイドが「〇〇しない主人公」を狙い撃ちしているのは間違いありませんし、米倉涼子さんという大物女優や、山崎賢人という旬の若手俳優を起用していることから、「変化球で目先を変える」というより、「直球で真っ向勝負」しているようにも見えます。

 なぜ本来の見せ場を生かせない設定の「〇〇しない主人公」が描かれ、好評なのでしょうか。

◆弁護士、医師、刑事の3大ジャンルに集中

関連記事

トピックス