芸能

急逝した角替和枝さん、「うちのサクラ」と自慢していた

夫婦仲良く犬の散歩をしたり、近くのカフェでお茶をしていたという(写真/アフロ)

「毎週末欠かさず、サクラさんは1才の娘さんを抱いて柄本家に来てました。撮影で忙しいし、休日はお孫さんを預けて休みたいのかな、なんて思っていたんですが…。今思えば、残り少ない時間、お義母さんにお孫さんの顔を少しでも見せてあげたいという一心だったんでしょうね」(近隣住民)

 10月27日早朝、女優の角替和枝さんが都内の自宅で亡くなった。まだ64才だった。

 角替さんは高校卒業後に女優を目指して静岡県から上京し、つかこうへい事務所を経て、柄本明(69才)が主宰する「劇団東京乾電池」に所属。26才の時に柄本と結婚した。

 長男の柄本佑(31才)、次男の柄本時生(29才)も俳優として活躍する芸能一家で、佑の妻である安藤サクラ(32才)にとっては義母にあたる。

「昨年8月に受けた人間ドックで再検査となり、『原発不明がん』が見つかったそうです。治療できる状態ではなく、その後は自宅療養を続けていました。闘病中も講師を務める演劇教室に顔を出していて、仕事を休むようになったのは亡くなる3か月前。友人にもつらい姿を見せようとせず、明るく振る舞っていましたね」(芸能関係者)

 がん治療の発達が著しい昨今、発見からわずか1年で亡くなるのは早すぎる気がするが、角替さんの命を奪った「原発不明がん」とは何なのか。都島放射線科クリニックの呉隆進(おうゆうじん)院長が解説する。

「通常のがんは、最初にがんができた『原発部位』の腫瘍が徐々に大きくなり、他の部位に転移します。しかしまれに、大きくならないうちに他の部位に転移してしまう場合がある。転移した先が骨だと腰が痛くなったり、腹膜だとお腹に水がたまります。そこで病院で検査を受けてがんが判明しますが、原発部位の腫瘍が小さすぎるので、調べても最初にどこでがんが始まったのかわからない。これが『原発不明がん』と呼ばれるものです」

 国内で発症するがんのうち3~5%が原発不明がんで、2004年に亡くなったいかりや長介さん(享年72)も患っていた。

「転移先でがんが見つかるため、発見された時点でかなりがんが進行した状態です。さらに、原発部位がわからないので治療方針が定まらない。統計的に、診断されてからの余命は1年未満だといわれています」(呉院長)

 残された時間、角替さんは病院での治療ではなく、家族と過ごせる自宅療養を選んだ。

「病気の進行は最近までゆるやかだったようです。1か月ほど前も、明さんに支えられながらですが、一緒に犬の散歩をしていました。時生さんも半年ほど前から実家に戻ってきて看病していたようです」(別の近隣住民)

 病状を知っていたのは一部の近しい人だけ。角替さんが実の娘のようにかわいがったサクラの耳にも入っていた。

「角替さんはよく、“うちのサクラちゃんがね”とか“サクラも賛成してくれたの”と話してましたから、自慢のお嫁さんだったんでしょうね。サクラさんも物怖じせず角替さんに話すタイプなので、友人にも近い関係だったように思います。それだけに、角替さんのがん発覚は、サクラさんにとって大きなショックだったと思います」(前出・近隣住民)

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン