ツアーでやってくる中国人観光客らは、事前に「女優リスト」をチェックし、その中からサービスしてほしい女性を選ぶ。来日してから、ホテルやレンタルルームなどで実際に会う、プレイをするという流れなのだが、当然、女優が有名であればあるほど値段は高くなる。逆に有名ではない女優は安いか、客が付かない。そこで、介在するブローカー達が行うのは「女優のでっち上げ」行為なのだという。

「中国人が動画を見ているのはネットです。(DVDなどの)パッケージが出ているかなんてまで調べない。だから、素人女性だろうが何だろうが、違法サイトに一本でも動画を上げてしまえば、その女性は“女優”になるんです。それを見せて“彼女は日本の女優だ”と中国人に説明する。女優かどうかが重要で、顔は二の次。可愛くて人気があるサービスのプロより、売れていない女の子を連れてきて動画に一~二本出ている、と経歴を説明した方が高く”売れる”んです」(X氏)

 日本人としてはなんとも複雑になる「日本人爆買いツアー」の実態であるが、もちろん違法性も高い。東京都内で複数のサービス店舗を経営する男性・Y氏も、このビジネスの危険性を次のように指摘する。

「中国人観光客相手に同様のビジネスを仕掛けているのは、実は同胞の中国人や在日韓国人などが多いと聞いています。彼らは、普通の日本人女性を女優に仕立て上げ、サービスをさせている。これは管理売春にあたり、法的には一発でアウトでしょう。さらに、旅行代理店とも結託し、自身や身内が経営するバスを使い、ホテル、温泉などに客を連れて行く。土産を買う免税店ですらも、同胞が経営する店に連れていき、彼らに売りつけるのは自社で作った得体のしれない“日本製の健康食品”なのです。健康食品がいかに日本で人気なのか、わざわざ偽のHPまで作っている。最近の観光客は知識があり、すぐにネットで調べるためです。女優の件でも、そうした工作が行われているのです」(Y氏)

 元々は、日本の多くのサービス店舗が「外国人お断り」であったことから、このようなビジネスが生まれたという見方もあるそうだが、最近ではインバウンド客を狙った外国人向けの店舗も続々オープンしている。性感染症のなかでも梅毒に代表される「過去の病気」が今、爆発的に増えている原因ともみられているが…。

「危なっかしい外国人観光客ですが、金払いは日本人より良い。客と女の子のトラブルも比較的少なそうで、目先の利益に走る経営者や女の子が続々合流しています。ですが、危険性は言わずもがな。病気はもちろんのこと、様々な反社会的勢力の影も見え隠れしていて、大きな事件が起こる日も遠くはないでしょう」(Y氏)

 思い返してみると、冒頭の江さんと宋さんも、外国人が経営していることで有名な某免税店のショップバッグを手にしていた。茨城空港からLCCを使って帰国したはずだが、今頃日本の楽しい思い出に思いを巡らせているのだろうか。

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン