• TOP
  • 芸能
  • NHKに『宝メシ』で復活の井ノ原快彦、自身の宝メシは何か?

芸能

2018.11.13 07:00  女性セブン

NHKに『宝メシ』で復活の井ノ原快彦、自身の宝メシは何か?

新番組担当の井ノ原快彦にインタビュー(NHK HPより)

 イノッチことV6の井ノ原快彦(42才)が『お取り寄せ不可!? 列島縦断 宝メシグランプリ』(NHK総合)で、NHKに帰ってきた! 全国各地の知られざる極上の“宝メシ”を発掘する、新感覚のグルメバラエティーで司会を担当する。

『あさイチ』以来の生放送となるが、井ノ原は100人の美食家たちをどんなトークで“料理”するのだろうか――。

「今年の3月まで『あさイチ』に出演させていただいていたので、ぼく自身はNHKが久しぶりという感覚はないんです。でも、この番組用の撮影をしていたら、『あさイチ』のスタッフさんたちが見学に来てくれて。8年も通った場所に帰ってきたなと感じました」(井ノ原・以下同)

 全国各地の隠れた絶品料理を探し出して、生放送中に特設キッチンで再現する。グランプリを決めるために100人もの美食家たちがスタジオに集結。井ノ原は司会者として彼らをどう料理していくつもりなのか?

「勝手に料理されてくれそうだなと思っています(笑い)。『あさイチ』時代にも多くのシェフにお会いしてきましたが、1つの道をきわめたかたはトーク技術も一流なんですよ。なので、おもしろくならないわけがない!

 杉浦友紀アナもいるので、いっしょに楽しみながらやりたいですね。実はぼくがいつもお願いしているマッサージのかたが“杉浦アナと組めば間違いない!”と太鼓判を押してくれているので安心しています(笑い)」

 番組ではさまざまな郷土料理が登場する予定だが、井ノ原の思い出の郷土料理は幼き日の記憶にあった。

「父親が熊本生まれの鹿児島育ちなので、夏休みになると、毎年約1か月間九州で暮らしていました。そこで食べたイノシシの料理とかが、思い出の料理かな。郷土料理って、これを食べなければ冬が越せないとか、その土地で暮らす人にとっての必要不可欠なものだと思うんです。だからこそ郷土料理は消えずに残っている。

 今では1人で守っているような料理もあるそうで、それをどう未来へ繋げていくのか。視聴者に伝えるのはもちろん、この番組をきっかけに100人の食通たちが、今後もずっと残るようなアイディアを出してくれるんじゃないかという期待もあります」

 “食べることは大好きだけど、強いこだわりはない”という井ノ原だが、子供の頃から愛してやまない“宝メシ”があるという。

「宝メシといえば“ナポリタン”。親戚のおじさんがラーメン屋さんを営んでいて、中華鍋で作ってくれるナポリタンが最高でした。“鍵っ子”だったから自分で作ったり、ひとり暮らしを始めてからもナポリタンばっかり作ってました。今でも、家でソースを煮込んで作るんですよ。

 この間、究極の味にたどり着いて! 狙って作ったわけじゃなくて、適当に砂糖や水などをいろいろ足しながら作ったから、レシピがわからないんですよ。すごくおいしかったのに、何を入れたっけ?って(苦笑)。残念ながら再現ができないんです」

 食べ物にちなんで、イノッチへグルメな質問をぶつけてみた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス