• TOP
  • 芸能
  • M-1決勝進出者以外で株を上げた未来のスター候補たち

芸能

2018.12.04 16:00  NEWSポストセブン

M-1決勝進出者以外で株を上げた未来のスター候補たち

お笑い好きからの評価も高いという金属バット(M-1グランプリHPより)

 漫才師日本一を決定する年末の風物詩、『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が2日に放映され、「霜降り明星」が14代目王者となった。関西ではすでに若手のホープとして露出を高めていた彼らだが、今回の優勝で一気に知名度を上げたことで、今後は全国区での大きなブレイクが期待されている。

 今回のM-1をきっかけに名を上げることとなったのは、王者・霜降り明星だけではないだろう。惜しくも決勝進出は逃したものの、今大会を盛り上げ、大きくかき回した影の功労者は誰か?

 テレビ局でディレクターをしている女性Aさん(27歳)は、こう振り返る。

「残念ながら敗者復活戦まで残りませんでしたが、『天竺鼠』はステージに上がっただけでワクワク感があり、会場がドッと沸く。大きく盛り上げてくれたと思います。また、制作者目線でいえば、キャラクター的に番組に使うとおもしろいだろうと感じたのは『金属バット』『ニッポンの社長』『たくろう』です。

 ただ、M-1という大会の性質を踏まえて、今回評価と期待が高まったのは『からし蓮根』『インディアンス』『東京ホテイソン』。話術とストーリー性で幅広い層に笑いを届けることができるコンビは、適材適所の仕事ができるということなので、仕事も増える気がします」(Aさん)

 一方、お笑い好きの間で評価を高めたというのは「金属バット」だ。自称お笑いウォッチャーでライターの男性Bさん(30歳)はこう語る。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス