• TOP
  • スポーツ
  • 胃がんから復活期す広島・赤松真人「ラスト1年の気持ちで」

スポーツ

2018.12.12 07:00  週刊ポスト

胃がんから復活期す広島・赤松真人「ラスト1年の気持ちで」

来季は勝負の年(撮影/杉原照夫)

 セ・リーグ3連覇を達成したプロ野球・広島カープで、赤松真人(36)は11月12日に契約更改。野球協約の減額制限いっぱいとなる675万円減の2025万円でサインした。

「来季は一軍で恩を返さないといけない」

 そう力を込めた赤松は2004年のドラフト6位で阪神入りし、2007年オフに広島に移籍。50メートル5.5秒の俊足を生かして活躍してきたが、2016年オフに胃がんが見つかった。

「もともと、妻のために予約した検診でしたが、“(妻の検査の間に)ただ待っているのもな……”と思って胃カメラの検査を受けたら、がんが見つかったんです。自覚症状もなかったので、“嘘だろ”と思いましたよ。

 手術で胃を半分切除した後に、リンパ節への転移がわかった。医師からは『ステージIII。抗がん剤治療が必要です』といわれました」

 まだ34歳だった赤松は、重い選択を迫られた。抗がん剤治療に入れば、体力が落ちて野球選手を続けることは難しくなる。

「とはいえ、生きていないと野球はできませんから、抗がん剤治療を選ばざるを得なかった。1回の治療が終わるたびにガクッと体力が落ちる。体がだるくなり、下痢と嘔吐が続くんです。強制的にインフルエンザにされている感じでした」

 そんな時、広島のチームメイトたちの存在が支えになっていたという。

コメント

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス