ライフ

生活習慣病 数値が下がったら治療を続けるか止めるか

「2014年に発表された研究から、高コレステロール治療薬『スタチン』は、80歳を過ぎて服用した場合、心血管疾患のリスクを下げられないどころか、かえって副作用のリスクが高まることがわかっています」

 ただし、「医師から『薬を中止しましょう』と提案されることはほとんどないので、患者から医師に相談する必要がある」(室井氏)という。

※週刊ポスト2019年1月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス