• TOP
  • 芸能
  • 小池栄子、CM起用続くのは「ちょうどいい」から? 女性支持も

芸能

2019.02.05 07:00  NEWSポストセブン

小池栄子、CM起用続くのは「ちょうどいい」から? 女性支持も

女性からの支持を集める小池栄子

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回はドラマ、映画、バラエティー、CMと幅広く活躍する小池栄子について。

 * * *
 お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイのエッセイ『ちょうどいいブスのススメ』のドラマ化に際し、タイトルが『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系)に変わった顛末は皆さん、御存知のとおり。

 かつて、放送作家の鈴木おさむ氏のエッセイ『ブスの瞳に恋してる』は、そのままのタイトルで2006年にドラマ化(関西テレビ・フジテレビ系)されたものだ。これは、この13年で、テレビにおける表現方法が窮屈なものになったことの表れかもしれない。

 では「ちょうどいい」はどうか。「すごくいい」でも「ちょっとだけいい」でもなく、「いい塩梅」とも置き換えられる「ちょうどいい」。いま、このフレーズにピッタリなのが小池栄子ではないだろうか。

◇出演映画に「小池栄子が良い」という声が相次ぐ

「イエローキャブ」や「サンズエンタテインメント」で人気グラビアアイドルとして活躍してきた彼女には、ずいぶん前から「女優」の肩書があり、その受賞歴を見れば、映画でも舞台でも、どれほど評価されてきたかがわかる。

 かつて同僚だったMEGUMIが「小池の舞台は顔芸とも言うべき表情の変化がものすごい。私にはとても真似できない」と絶賛しているのを聞いたことがある。確かに舞台向きの大きな演技ができる人でもあるし、ドラマや映画でもさまざまな役を演じてきた。昨年公開された映画『空飛ぶタイヤ』でも『SUNNY 強い気持ち・強い愛』でも「小池栄子がすごく良かった」という声が批評家たちのあいだから聞こえてきたものである。
 
 タレントとしては、少し年上の男性芸人からの評価が高く、「いてくれるとありがたい」存在となって久しい。ダウンタウンの松本人志やバナナマンの設楽統と共演している『クレイジージャーニー』(TBS系)や、昨年11月にスタートし、東野幸治と共にMCを務めている『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)での小池の評判もすこぶるいいのである。

◇女性向け商材のCMにハマっている

関連記事

トピックス