• TOP
  • 国際情報
  • 「日本は文在寅政権と妥協する必要はない」と元駐韓大使

国際情報

2019.02.11 07:00  SAPIO

「日本は文在寅政権と妥協する必要はない」と元駐韓大使

平壌の空港で花束を受け取る文在寅大統領 代表撮影/Pyeongyang Press Corps/Lee Jae-Won/AFLO

 日韓関係に、かつてない暗雲が漂っている。元駐韓大使の武藤正敏氏は、朴槿恵氏が当選した2012年韓国大統領選の期間中、有力な対抗馬の一人だった文在寅氏に面会したことがある。直接対峙した経験から、「文在寅大統領の“反日”は歴代の韓国大統領とは質が異なる」「文大統領の反日姿勢は、韓国の歴代大統領と比較しても異様である」と指摘する。

 * * *
 文大統領は日本を無視する一方で、なりふり構わず対北宥和政策を続けている。

 昨年は、南北合意と称して、軍事境界線の非武装地帯(DMZ)に設置している監視所22か所を撤去した。さらに、軍事境界線近くや周辺の海域では、軍事演習を中止している。世界中が、北に核開発をやめさせるために圧力を強めているなかで、韓国だけが丸腰になろうとしている。

 文大統領とその支持者たちは「北の核が同胞に向けられることはない」と無邪気に信じているが、自国民に銃を向け、実の兄を毒ガスで殺害する金正恩氏の恐ろしさをまったくわかっていない。

 朝鮮戦争の後も激しい対立が続いた南北間で、1972年に両首脳が平壌とソウルを極秘裏に往復して会談が行われたことがある。金日成氏の実弟の金英柱氏を交渉の相手とし、「武力行使によらず平和的に南北統一を果たす」とする南北共同声明が発表された。ところが、その裏で北朝鮮は38度線の地下に南へ侵攻するためのトンネルを掘っていたのだ。

 私はその1972年に外務省に入省し、朝鮮語研修のために韓国に渡り、それ以来、外交の最前線で北朝鮮を眺めてきた。その“体感”で言えば、北は核開発を絶対に放棄しないし、大人しくしているときほど危険だ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス