• TOP
  • 国内
  • 眞子さまは早めに結婚を決断すべき、と考える関係者増加か

国内

2019.02.14 07:00  女性セブン

眞子さまは早めに結婚を決断すべき、と考える関係者増加か

長引けば長引くほど次の縁談は不利になるが…

《the prince has come back to Japan(王子様が日本に帰ってきた)》。そんな言葉とともにSNSにアップされた1枚の写真がひそかに注目を集めている。

 投稿日は2013年6月28日。右手にVサインを作った小室圭さん(27才)が満面の笑みで写っている。その3日後には、眞子さま(27才)が英エディンバラ大学留学後のヨーロッパ旅行から帰国されたというタイミングだった。

 写真のネクタイ姿の小室さんの左胸には1つのバッジが輝く。ネット上ではこのバッジが宮内庁や警察のものと酷似し、「なぜ小室さんの胸についているのか」と話題になっている。

 2012年6月に出会ったふたり。その年の秋から、国際基督教大学(ICU)在学中の眞子さまはイギリス留学へ向かわれ、小室さんもアメリカに短期留学へ渡った。

 SNSに写真をアップしたのは、小室さんのICU時代の友人らしき人物だ。小室さんが5年以上前からすでに、仲間内で「prince(王子様)」と呼ばれていたこともわかる。

 帰国から数か月後、小室さんは眞子さまにプロポーズし、ふたりは将来を誓い合った。今さら、もう後戻りはできない──ふたりはもちろん、周囲も次第にそう感じ始めている。

「やましいことがないのであれば、堂々と、普段通りの生活をしていればよいはずだ。なぜ逃げ隠れするのか」

 秋篠宮さまは眞子さまの結婚について、嫁ぎ先である小室家に、そんな疑問を抱かれているという。小室さんが米ニューヨークに留学中なのはまだしも、母・佳代さんは昨夏以来、パート先からも自宅からも姿を消した。

 当初の予定通りであれば、昨年11月にふたりは結婚していたはずだった。

「神奈川・横浜にある小室さんの自宅マンションには、いまだに神奈川県警によって警備のためのボックスが設置され、一日に何度も巡回がされています。小室家の警備が始まって、もう1年半以上が経つ。もちろん経費は、税金から出されます。いつまで続けるのかと関係者も気を揉んでいます」(宮内庁関係者)

 平成から次の時代になる“御代がわり”まで3か月を切った。新天皇の即位後も、重要な儀式・行事が続く。眞子さまの結婚について、“早く事態の収拾に向かわないといけない”という機運は、秋篠宮家周辺や宮内庁で急激に高まっている。

「秋篠宮さまはいまだ、“眞子の気持ちが変わるかもしれない”と慎重な立場を崩しません。とはいえ、小室さん側が1月に文書を発表するとともに、“眞子さまも把握”“眞子さまの結婚の意思は固い”とメディアに流したことからも、眞子さまの気持ちは変わっていないようです。もはや早めに結婚を決断すべきではないか──そう考える皇室関係者が次第に増えています」(皇室ジャーナリスト)

◆小室さんが準皇族になるかもしれない

 ある皇室関係者が言う。

関連記事

トピックス