• TOP
  • ビジネス
  • トヨタのサブスク 月20万円でレクサス乗り継ぎは安いのか

ビジネス

2019.02.17 07:00  NEWSポストセブン

トヨタのサブスク 月20万円でレクサス乗り継ぎは安いのか

トヨタの定額制サービス事業会社「KINTO」の小寺信也社長(左)/写真=時事通信フォト

 毎月定額を支払うことで、好きなクルマ・乗りたいクルマに自由に乗り換えられるトヨタ自動車の新サービス「KINTO」の概要が明らかになった。世はサブスクリプション(定額制)サービス隆盛期だが、果たしてマイカー市場に広まっていくのか。佃モビリティ総研代表の佃義夫氏がレポートする。

 * * *
 消費者の関心が「保有から利活用へ」「モノからコトへ」と移り変わる中で、サブスクリプションサービスという新たな「利活用」モデルが様々な商品で急速に普及している。自動車業界も例外でなく、このサブスクリプションを展開する動きが始まっている。

 自動車業界最大手のトヨタは、「お客様がもっと気軽に楽しくクルマとおつき合いいただける新しいクルマの持ち方を提案する」という考えのもとにサブスクリプションサービス運営の新会社「KINTO」を設立。トヨタブランド車で「KINTO ONE」、レクサスブランド車で「KINTO SELECT」の2種類のサブスクリプションサービスを設定、展開することになった。

 まずは、KINTO SELECTのレクサス車で2月6日から開始、KINTO ONEのトヨタ車は3月1日からスタートする。ただ、いずれも当初は東京都内でのトライアル実施とし、今夏以降に全国展開に結びつけることになっている。

 KINTOは、3年間で6種類のレクサスブランド車を乗り継ぐことができるSELECTが月額料金19万4400円(税込み)で車両代・登録時の諸費用、税金・任意保険・自動車税が含まれる。レクサスの対象車種は、ES300h・IS300h・RC300h・UX250h・RX450h・NX300hの6車種から選択し、6か月ごとに乗換する。

 一方、ONEのトヨタブランド車は3年間に5車種(プリウス・カローラスポーツ・アルファード・ヴェルファイア・クラウン)から1台を選択する。月額料金は、プリウスの税込み4万9788円からクラウンの税込み10万6920円までと車種によって幅が広い。

 これには、車両の定期メンテナンスもパッケージ化されお客様の使用状況(安全運転、エコ運転等)をポイント化し支払への充当が可能な「愛車ポイントサービス」を秋以降に導入する予定だ。

 つまり、トヨタのKINTOは、愛車サブスクリプションサービスと謳っているようにレクサスブランド車が3年間で半年ごとに乗換えでき、トヨタブランド車は3年間で1台を月額定額で利用するというもので、「クルマとの付き合いが変わります。お客様にクルマを可愛がって欲しいとの提案なのです」(小寺信也KINTO社長)という考えに立脚している。

関連記事

トピックス