• TOP
  • ライフ
  • 【嵐山光三郎氏書評】中国で1500年以上著され続けた怪異譚集

ライフ

2019.02.21 16:00  週刊ポスト

【嵐山光三郎氏書評】中国で1500年以上著され続けた怪異譚集

『中国奇想小説集 古今異界万華鏡』

【書評】『中国奇想小説集 古今異界万華鏡』/井波律子・編訳/平凡社/2400円+税
【評者】嵐山光三郎(作家)

 中国で千五百年以上にわたって著されつづけた、超現実的な怪異譚集。妖怪、鬼、亡霊、死者がマスコット人形みたいにゴロゴロ出てくるから、ドキドキ。よくもまあシュールな話を思いつくなあ、こんなのアリ? と仰天して、そのシーンを読み返してしまう。

 陶淵明(とうえんめい)といえば「帰去来辞」で故郷の田園に帰った文人として知られるが、陶潜の名で「地獄の沙汰も『腕輪』次第」という怪談を書いた。夫の遺体がむっくり起きあがって、妻の金の腕輪をつけてくれ、と頼む。冥土の役人に袖の下を渡すためである。「常春の異界」は、死者の極楽旅行記で、「浦島太郎」の龍宮城に通じる。こんな異界ならば、死ぬのが愉しみになる。

 読みながら膝を打ったのは、「籠のなかの小宇宙」で作者は呉均(四六九~五二〇)。書生が口から若い女を吐き出し、若い女が聡明そうな若い愛人を吐き出す。中国古代の妖怪譚、仙人譚はファンタジックな迷宮をぐるぐる廻る。書生の肉体が、この世の裏切りでできているという不思議。

 唐代の傑作は「枕中記」(フシギな枕の話。「邯鄲(かんたん)の夢」で知られる)と「美女になった狐」(狐の化身の美女と人間の男の恋)、恋する少女の分身の術「離魂記」など、奇想天外な物語展開である。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス