• TOP
  • 国内
  • 医師がのまない総合感冒薬、PL配合顆粒は注意が必要

国内

2019.03.07 16:00  女性セブン

医師がのまない総合感冒薬、PL配合顆粒は注意が必要

医者がのまない処方薬一覧

「『PL配合顆粒』に代表される“非ピリン系”と呼ばれている総合感冒薬はのみ方が難しい。アレルギー反応などの副作用が強く、稀ですが視力低下など、重篤な症状を引き起こすことがあるからです。鼻水などの症状を抑える成分である『抗ヒスタミン』を前立腺肥大症を有する患者が服用したことで、尿が出なくなってしまったケースもありました」

 風邪で発熱した際、薬と併用されることの多い「冷却ジェルシート」や「ポビドンヨードが配合されたうがい薬」は使わないと言うのは、東邦大学医療センター大橋病院・婦人科の高橋怜奈医師だ。

「メントールやハッカ油が配合されているため『冷却ジェルシート』をはれば清涼感があって気持ちがいいものの、解熱効果のある成分は入っていません。そのうえ、おでこには細い毛細血管しか通っていないため、そこにはっても医学的な解熱効果は期待できない。冷却効果に関しては、首の太い血管に氷や保冷剤を当てる方が有効でしょう」

「ポビドンヨードが配合されたうがい薬」は殺菌作用が強い。ゆえに、状況によって症状を悪化させる可能性もある。

「予防のために使うことは有効なのですが、特に風邪でのどが痛くなってから使うと、ポビドンヨードが炎症したのどの細胞を傷めてさらに悪化することも。周りの医師たちもまず使っていません」(高橋さん)

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事

トピックス