芸能

菅田将暉が泣いた 椎名桔平『3年A組』打ち上げでのスピーチ

打ち上げ会場で語られた意外なエピソード

「やばいね、先生やるとこんな気持ちになるんですね」。そう話す菅田将暉(26才)の表情は晴れ晴れとしていた。そこから彼は、涙で声を詰まらせながら、思いの丈を語った──。

 3月10日、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終回が放送された。教師役で主演した菅田の熱演が人気を呼び、回を重ねるごとに視聴率はアップ。最終回の平均視聴率は15.4%を記録し、5週連続で番組最高記録を塗り替えた。その放送直後には動画配信サービス『Hulu』でスピンオフ編が配信され、アクセスが殺到したためか、一時つながりにくい状態になる人気ぶりだった。

 その日の放送の約1時間前、同ドラマの打ち上げが都内の東南アジア料理店で行われた。アジアンテイストの広々とした吹き抜けの店内に、スタッフ・キャストをはじめ多くの関係者が集合。

 宴の中盤、主要キャストによるスピーチが始まった。ヒロインの永野芽郁(19才)が溌剌とした挨拶を終えると、菅田が壇上に立ち、冒頭の言葉に続けてこう話し始めた。

「5~6年前、このドラマのプロデューサーに会ったとき、個人的な不平不満とかやりたいこととか、とりあえず自分の信念や哲学をいっぱいしゃべったことがあったんです。人と人がつながった時にしかない、あったかいものをテレビでやりたいということをしゃべって…」

 ここまで一気に話すと、菅田は涙をこらえるように、声を震わせ始めた。会場全体も、それまでの賑やかさが嘘のように息をのむ。菅田は「ダメだなぁほんと」と笑ってつぶやくと、かつてのもう1つの夢に触れた。

「ぼくも教師志望だったりしたんですけど、運よく、運悪く、運よくこの世界に入って教師ができなくなって。でも、このドラマを通して先生になれた。この俳優という職業は本当に無限大で何者にもなれるんです」

 そして、同ドラマを“やりたいことを素直にできる、自分にとってのドキュメンタリー”と表現し、その理由を語り始める。

「ぼくが劇中で流している涙とかは、勝手に、ただリアルに出るものなんです。それはドラマ作りとして正しいのか、3か月間悩んでいました。でも、いつも目の前には素直に反応してくれる生徒がいて、ねぎらってくれる大先輩がたがいて、自分に何ができたかわからないですけど、本当に俳優って夢があるなと思いました。俳優になってよかったなと思いました」

 そして、感無量といった面持ちで、次のように結んだ。

「クラス全員、日本中全員が見ている学園ドラマが作りたいっていうぼくの夢が叶いました。本当に皆様のおかげです…ありがとうございました!」

 ついにこらえ切れず涙を流しながら、全員への感謝の言葉で挨拶を締めくくる。

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン