• TOP
  • 芸能
  • 岩井良明社長 新生『マネ虎』をYouTubeで始めた理由

芸能

2019.04.06 16:00  NEWSポストセブン

岩井良明社長 新生『マネ虎』をYouTubeで始めた理由

──ネット炎上は、閲覧者のうちわずか0.5%が騒いでいるだけだという調査もあるほどですが、皆がその対応に困っています。そこを徹底的に付き合うことで鎮めるというのは、岩井さんならではですね。今でも2ちゃんねるは「5ちゃんねる」と名前を変えて匿名掲示板は存在していますが、そちらを見ることはあるのでしょうか?

岩井:あれを見たら、終わりだと思っている。だから、一切見ないようにしています(笑)。

──2月17日にはチャンネル内で『¥マネーの虎』の復活を宣言されましたね。

岩井:それには2つの理由があって、1つは単純に『マネ虎』ネタの不足。思い出話だけではなくて、新しい話をしたいから。もう1つは復活を望む視聴者の声がめちゃくちゃ多かったんです。過去、数多くの番組が流行しましたが『マネ虎』ほど多くを語られる番組ってなかなかないじゃないですか!

 就活マッチングビジネスを置き去りにしているわけではありません。しかし、今の時代、なにをやるにも視聴人数は重要です。そこを入り口に、就活のことにも気づいてもらいたい。現在の登録数2万人なのですが、とりあえず10万人に増えるまでは突っ走ろうかなと。

──新生『\マネーの虎』は、かつての番組と同じ構成になるのでしょうか?

岩井:4月1日に発表された新元号に合わせて『令和の虎』といったタイトルで番組を立ち上げます。昔と全く同じではつまらないので、ルールもモデルチェンジしますよ。形態も投資、融資、社内ベンチャーから選択できる。「もう1度チャレンジしろ!」といった意味の「ステイ」なる新ワードも作りました。

 一人の志願者を4日間に分けて配信、最終日は解説回となります。志願者がプレゼンする様子をモニタで見ながら「この時の志願者の発言は良い、就活にも活かせる発言だよね」といった内容を話すオーディオコメンテタリーをやろうかな、と。

 ちなみに新生『マネ虎』の吉田栄作役は僕が務めます(笑)

──岩井社長が「無類の〇〇好き」の吉田栄作さんをやるんですね。めちゃくちゃ面白そう……、新しい“虎”のメンツも気になります。

岩井:良い意味でも悪い意味でも昔とは異なる”虎”が集まりました。今回は30代若手起業家の“虎”が多いので雰囲気も若々しいです。番組の主人公はもちろん志願者。ただ、僕としては“虎”にもどんどんアピールして欲しいんですよね。大学生の視聴者に「ここの社長の会社に行ってみたいなぁ」と思わせる活躍を期待しています。

【岩井社長に1時間に渡って話を伺った。確固たるポリシーがあり言葉の切れ味は鋭い。どんな質問にも自身の答えを持っていたことが印象に残った。そして僕は、虎の一言一言に魅了され、ますます虎への憧れが強くなった。柔和な対応してくださったが、時に”虎”の顔が覗く。老成などしていない、まだまだ現役の『マネーの虎』との邂逅。それは刺激に溢れるものであった】

●いわい・よしあき/1960年名古屋市生まれ。東海高校から同志社大学文学部へ進学、大学では応援団第74代団長をつとめた。1984年株式会社リクルート入社、トップ営業マンとなる。1989年小中学生のための学習塾「大志塾」を設立。1993年に法人化し株式会社モノリスを設立。現在は株式会社モノリスジャパン代表取締役社長。『マネーの虎』(日本テレビ系)に虎として出演、人情味あふれる「教育の虎」は今もネットで人気を集めている。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

関連記事

トピックス