• TOP
  • ビジネス
  • コンビニ「袋パン」最前線 人気不変のメロンパンも劇的進化

ビジネス

2019.05.03 07:00  NEWSポストセブン

コンビニ「袋パン」最前線 人気不変のメロンパンも劇的進化

バラエティ―豊かになったコンビニ袋パン(セブン店頭で)

バラエティ―豊かになったコンビニ袋パン(セブン店頭で)

 数あるコンビニ商品の中で、陽気が良くなってくると売り上げが伸びると言われるのがパン。特に持ち歩きしやすい「袋パン」は、アウトドアシーズンにピッタリなため、GW商戦も熱くなっている。今や売れ筋は、定番ばかりじゃない。大手3社、個性を出し始めたパン売り場をコンビニジャーナリストの吉岡秀子氏が取材した。

 * * *
 フランスパンに、くるみパン……香ばしい小麦の香りが漂ってきそうな店内。といっても、ベーカリーショップではない。ローソンがこの3月から始めたベーカリー新シリーズ「マチノパン」が並ぶ売り場だ。

「脱・コンビニ袋パン」を目指すローソンの「マチノパン」

「脱・コンビニ袋パン」を目指すローソンの「マチノパン」

 袋に入ったコンビニパンといえば、メロンパンやカレーパンなどが人気商品で、ヘビーユーザーは「袋パン好きなミドル世代」というのが業界の常識だ。それが最近、様子が違う。

 売り場をみると「マチノパン フランスパンのフレンチトースト2個入」(150円)や「マチノパン チーズ!チーズブール」(180円)など、おしゃれで独創的なネーミングのパンがずらり。

人気のフレンチトーストはジュワッと口に広がる優しい甘さ(ローソン)

人気のフレンチトーストはジュワッと口に広がる優しい甘さ(ローソン)

ゴーダチーズを中心に4種のチーズの風味が楽しめる(ローソン)

ゴーダチーズを中心に4種のチーズの風味が楽しめる(ローソン)

 以前から、通常の「ローソンベーカリー」や健康志向の「ナチュラルローソンブランド」など数種類のパンシリーズがあった。それなのに新しいシリーズを作ったのにはわけがあるという。中食商品本部の村田文子さんはこう話す。

「メイン客層の30~40代男女を主なターゲットに、さまざまなパンを作ってきましたが、お客様にヒアリングをすると『(パンが)代わり映えしない』『そもそも袋パンに期待していない』という意見もあったのです。改めて皆様に満足いただけるパンとは何かを考えました」

 市販のパン市場に目を移すと、約2兆7800億円と緩やかに拡大しているが、トレンドは「本格具材のパン」や「健康的な付加価値のあるパン」(2017年/富士経済調べ)。従来のコンビニパンのイメージとマッチしているとは言い難い。スタイリッシュな「マチノパン」シリーズを売り場に加えたのもうなずける。結果、トレンドに敏感な女性客の購入が目立ち、発売直後は売り上げが通常の約20%アップしたという。

しっとりとしたパン生地の中には粒あんがぎっしり(ローソン)

しっとりとしたパン生地の中には粒あんがぎっしり(ローソン)

 特に人気が高いのは、前出の「フランスパンのフレンチトースト2個入」。外側の香ばしさと中のもちっとした食感が絶妙だ。また、うす皮のあんぱん「マチノパン あんこ天国」(150円)もオススメ。パンなのかあんこの塊なのか、迷うほど大量の“あん量”は、甘党にはたまらない。

 こうした“脱・コンビニパン”路線が今、顧客の獲得に一役買っている。

関連記事

トピックス