• TOP
  • ライフ
  • 事故物件芸人・松原タニシが選んだ「恐すぎる物件写真」

ライフ

2019.05.18 16:00  NEWSポストセブン

事故物件芸人・松原タニシが選んだ「恐すぎる物件写真」

事故物件住みます芸人が実際に内見した物件の数々

 孤独死の増加とともに、近年、“事故物件”が急増している。事故物件とは、賃貸物件で前の住人が自殺や殺人などによって死亡し、「心理的瑕疵」がある物件を指す。厚労省「人口動態統計」によると、2015年に孤独死した人は1211人だったのに対し、2017年には2480人と、およそ2年間で倍増。また、2017年の孤独死の約3分の1は東京23区内で発生しており、事故物件も都市部に集中している。

 こうしたなか、「事故物件住みます芸人」を名乗り、実際さまざまな事故物件に住み続けているのがお笑い芸人の松原タニシ(37歳)だ。テレビ番組の企画をきっかけに事故物件に住み始めたというタニシに事故物件の実態について聞いてみると、「まずは写真を見て欲しい」。そして解説が始まった。

●「鏡がペンキで塗りつぶされている」(写真左上)

 大阪市内の2DKの物件は、お風呂場の鏡の壁がピンク色のペンキで塗られていて、使えない状態になっていた。家賃は2万6000円。ここでは、息子が母親を撲殺し、浴槽に顔を沈めるという事件が過去にあったという。

「ペンキで塗るぐらいなら丸ごと取り替えたらいいと思うんですが、埋め込まれて外せなかったのかなあ。ペンキで何を隠そうとしたのかは、よく分かりません。ただ、お母さんがこの風呂場で亡くなっているので、気になりますよね……」(タニシ)

●「押し入れで顔認証」(写真右上)

 大阪市内の物件で、家賃は5万円。内見に行った際にスマホで写真を撮影しようとカメラを立ち上げ押し入れにレンズを向けると、突如、顔認証機能が作動。スマホのカメラは、その空間に“人の顔”を認識したのである。ただし、肉眼では何も見えなかったという。

「人間の目に見えないものを、カメラが感知することはあるようなんです。この時も突然スマホの画面に四角い枠が現れたので、ぎょっとしました」(タニシ)

 ここではかつて、高齢者が孤独死し、畳が腐敗。もともとは和室だったものをフローリングに張り替え、洋室に作り変えた。そのため、部屋のあちこちに和室の痕跡が残されている。

「ここは不動産屋の物件紹介ページも変だったんですよね。何か人をナメたような書き方で……。あまりにも入居者が見つからず、やぶれかぶれになってしまったのでしょうか」(同)

 物件紹介の備考欄を読むと、〈男心くすぶるリノベ物件 プライベートな空間に魅了されて。本気と書いてマジでヤスくね〉〈告知事項あり。。。なんだこいつは、、、安すぎる・・・〉などと書かれている。

 結局、タニシは入居しなかったが、押し入れには一体誰がいたのだろうか。

コメント 4

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス