国内

小室圭さんに「圭殿下」「圭さま」の呼称も、女性宮家創設なら

女性宮家創設で小室さんはどうなる?

 令和が始まってから間もなく1か月。新時代の幕開けに世間は慶祝ムードに包まれ、新天皇・皇后両陛下への注目は増すばかりだ。だが、新天皇への代替わりは、「皇位継承権を持つ皇族が1人減った」ということも意味する。皇統保持は喫緊の課題。そこで「女性宮家」創設議論が再燃している。

 女性宮家の創設は、結婚後、その夫や子供をどう扱うかということも大きな問題だ。つまり、配偶者と子に皇族の身分を付与するかどうかという点だ。

 論点整理に先立って行なわれた有識者ヒアリングにも招聘された京都産業大学名誉教授の所功氏は、その判断の難しさをこう明かす。

「皇族としないのであれば、妻は皇族、夫と子は民間人と、家族の間で身分が違うことになり不自然です。しかも子孫を皇族としなければ、その宮家は一代限りで終わることになり、“公務の担い手の減少”を防ぐことに役立ちません。いわば本家の内廷を助ける宮家も数家必要なのです」

 では、眞子内親王(27)が女性宮家を創設し、小室圭さん(27)がその配偶者として皇族となったらどうなるのか。

「民間の男性が皇族になるという前例がないので明確な決まりはありませんが、これまでの『さん』づけから、皇族に対する敬称を用いて『圭殿下』といった呼称になるはずです。報道媒体や世間一般では『圭さま』というように呼ばれる可能性が高い。その上で、皇族として行事に臨席したり、各地の視察を行なったりすることになるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 皇室経済法の規定により、宮家の当主には年約3000万円の皇族費が支払われる。その妃には半額の約1500万円だ。これに則れば、眞子内親王に約3000万円、“圭殿下”には約1500万円が支給されることになる。

眞子さまと佳子さま(写真/JMPA)

※週刊ポスト2019年5月31日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン