• TOP
  • ライフ
  • 税務当局を甘くみるな、故人のタンス預金額はバレている

ライフ

2019.06.05 07:00  週刊ポスト

税務当局を甘くみるな、故人のタンス預金額はバレている

賢い相続を専門家が解説

 この7月から民法改正によって、遺産相続を巡るルールが大きく変わる。大改正を目前に、税理士をはじめとする専門家の「相続対策セミナー」に、多くの人が集まっているという。大人気のセミナーではどんな「質問」が出て、どういった「正解」が示されるのか。多くのセミナーで講師を務める、円満相続税理士法人代表で税理士の橘慶太氏が回答する。

【質問】
〈故人のタンス預金を申告しないとバレますか?〉

【回答】
〈税務当局を甘くみてはいけません。隠さず申告することを強くお勧めします〉

 せっかく故人が汗水垂らして働いて残してくれたお金を、みすみす税金で奪われるのは納得がいかない――こうした心情は理解できるが、相続税の申告は正確かつ速やかに行なったほうがいい。

「国税局はKSKシステム(国税総合管理システム)で国民の資産をほぼ完全に捕捉しています」

 KSKシステムとは全国12か所の国税局と国税事務所、全国524の税務署をネットワークで結び、不動産取引から給料の支払調書、確定申告など、個人と法人の財産情報を管理するシステムのこと。申告漏れ、脱税摘発、滞納徴収などで活用される。

関連記事

トピックス