スポーツ

始球式が予想を超えた進化、美女登場で投球自体が注目される

始球式を行う鈴木ちなみ(時事通信フォト)

 今から30年前、日本人が大リーグで活躍する姿を誰も想像できなかったように、プロ野球始球式も予想を超えた進化を遂げた。

 昭和の頃、地元の知事や市長が形式的に行なう儀式のひとつだった始球式が、平成に入ると女優やタレントが頻繁に登場。巨人が1992年の宮沢りえを皮切りに、毎年本拠地開幕戦で中山美穂や安室奈美恵などのスターを起用したことで、野球界全体に波及した。

 当時ノーバウンドで届く女性タレントは珍しかったが、“神スイング”で話題になった稲村亜美が2016年に球速100キロ超を記録。最近では、単なるセレモニーの域を超え、始球式での投球自体が注目されるようになってきた。

 5月29日の楽天―西武戦で大役を務めた女優・奥山かずさ(25)は、10歳の時にイチローの本に感銘を受けて野球を始め、中学高校ではソフトボール部のエースとして活躍。大舞台で綺麗なフォームから外角低めにストライクを投げ込み、球場は大歓声に包まれた。

「投球前、楽天の平石監督に『120キロ出しちゃおう!』と気さくに声をかけていただき緊張が解けました。マウンドの感触は懐かしくて、今回は83キロでしたが、次は必ず100キロ出したいです」(奥山)

 6月13日に日本ハム―広島戦に登場したタレントの鈴木ちなみ(29)は、前日のヤフオクドーム(福岡)に続いて2日連続の始球式。投球が三塁側に大きく逸れたのは移動疲れだったか!?

 令和の時代となって始球式はどんな変貌を遂げるのか、優勝争いとともに注目だ。ちなみに鈴木奈々は4月27日の楽天-ロッテ戦で「待って!」「緊張する!」と叫び、なかなか投球動作に入らず、試合開始が4分遅れて物議を醸した。

取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2019年7月5日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン