芸能

高島彩 子供の進学で嫁姑バトル、義母の意味深ブログ投稿

全身ブラックスタイル

「慈敬さんが反対する理由の1つは“子供は自然に育てた方がいい”ということ。高島さんは生後半年で長女を自宅近くの英語を使った体操教室に通わせ始めましたが、“そういうことより大切なことがある”と日頃から言っていたそうです。

 もう1つは、宗教の問題。高島さんが希望するのはキリスト教系の小学校なので、慈敬さんからすれば、孫が自分の教えとは違う宗教系の学校に進学することを認めるわけにはいかないのでしょう。

 そうした子供の教育に関する嫁姑の軋轢が、小学校選びを機に一気に爆発してしまったようです」(高島の知人)

 今までなんとか姑を立ててきた高島だが、子育てに関しては姑の反対を押し切って、長女の小学校受験を“強行”するつもりだという。

「高島さんは“譲れないところは譲らない”という姿勢を貫くつもりです。高島さん自身もお受験で有名な枝光会幼稚園に入り、受験して小学校から私立に通いました。“小さい頃から受験をしたことで、さまざまな学びがあった”と感じていて、受験をさせてくれた両親にすごく感謝しています。“小さい頃の吸収力はすごいから、多くのことに触れさせてあげたい”と、英語の体操教室だけでなく、右脳の知育を行う教室などにも通わせていた。仕事を引き受けたのも“母親が楽しそうに仕事をしているのを子供たちに見せるのもいいこと”だと判断したからだそうです。

 すでに事務所の先輩やその小学校のOGから、教育方針や環境などについて熱心に話を聞いて、しっかり準備していますよ」(前出・高島の知人)

 慈敬さんは5月1日、「かむながらのみち」のホームページにあるブログにある本からの引用として、次の言葉を載せていた。

《特に家庭教育について一言しておきたいことは、家族ぐるみで敬神崇祖の生活行を実践するということです》

 姑に何を言われようと、自身の考えを貫く覚悟を決めた嫁と強く意見を述べる姑―果たして、嫁姑バトルの行方は…。

※女性セブン2019年7月18日号

足元は紫のパンプス

大きなバッグを肩から下げて歩く高島

子育てを巡って義母と考えの相違が…

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン