• TOP
  • スポーツ
  • ヤクルト川端慎吾とDeNA梶谷隆幸、他球団から熱視線も

スポーツ

2019.07.10 07:00  週刊ポスト

ヤクルト川端慎吾とDeNA梶谷隆幸、他球団から熱視線も

トレードで巨人に移籍した鍵谷陽平(右)と藤岡貴裕(時事通信フォト)

 プロ野球ペナントレース後半戦突入を前に、各チームとも落とせない試合が続く。今後の鍵を握るのは、トレード期限が7月末に迫る中での“新戦力補強”だ。すでに日本ハムからは藤岡貴裕と鍵谷陽平の両投手が巨人入りした。2年目の村上宗隆(19)がブレイクするヤクルトでは、押し出される形で2015年の首位打者・川端慎吾(31)がポジションを追われ、二軍調整が続く。

「バットコントロールは健在。関西出身ですし、最下位にあえぐオリックスは喉から手が出るほど欲しいでしょう」(在阪スポーツ紙記者)

 監督との相性で出場機会に恵まれない選手も狙い目だ。

「DeNAの梶谷隆幸(30)は、身体能力やパンチ力は申し分ありませんが、チャンスに弱く得点圏打率が低い。そこに、現役時代4度打点王に輝いたラミレス監督(44)は物足りなさを感じているようです。今季は昨年の手術の影響もあり、起用が限定的です。

 浅村栄斗(28)の加入でパ・リーグ2位(7月3日現在)と健闘する楽天は、最終盤にソフトバンク、西武の猛者を相手にしないといけない。優勝に向けた打線強化のために、梶谷の一本釣りもあり得る」(担当記者)

 鉢を替えたら、咲く花もある?

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス