昇進パーティの様子

「角界には“ごっつぁん”という感謝を表わす言葉があるが、一般的な社会常識とはかけ離れた経理のずさんさを象徴する言葉になってしまっている」

 そう語るのは、『大相撲の経済学』の著者で、相撲協会の公益財団法人化に向けた改革策をまとめる「ガバナンスの整備に関する独立委員会」の副座長を務めた慶応大学商学部の中島隆信教授だ。

「国税や管轄の税務署は、今回の貴景勝の昇進パーティのような例もきちんと注視しています。親方であれ力士であれ、祝儀を受け取ったことがわかれば、それが収入として申告されているか調べることになる。だからこそ、収支はガラス張りにすべきだが、なかなかそうならない。

 親方の権限が非常に強い世界なので、親方が“角界の慣習だ”といえばそれが通ってしまう。協会の幹部が部屋の親方を兼ねているから、力士より親方の都合を優先する組織になっている。そうした旧態依然の体質を変えるため、『ガバナンスの整備に関する独立委員会』として様々な提言をしたが、力不足で変革に至らなかった」

◆「親代わり」か「実の親」か

 結局、角界の慣習を知らない貴景勝の父・一哉氏が一般社会の常識で集めた祝儀を管理・カウントし、分け方を決めた結果、期せずして角界の暗部に踏み込んでしまったということなのか。一哉氏は週刊ポストの直撃に対しこう答える。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン