• TOP
  • 国内
  • 本当の“ステルス応援”は安倍氏でなく麻生氏、裏で菅氏人気

国内

2019.07.22 16:00  週刊ポスト

本当の“ステルス応援”は安倍氏でなく麻生氏、裏で菅氏人気

候補者の応援演説で気勢を上げる安倍晋三首相=11日(写真/時事通信フォト)

 参院選では自民党の応援弁士の“人気ランキング”に異変が起きた。「新元号『令和』を発表させてもらった」。菅義偉・官房長官が街頭演説でそう声を上げると、聴衆から大きな拍手が沸いた。

 これまで地味な存在だった菅氏だが、新元号発表をきっかけに“令和おじさん”として人気急上昇し、応援要請が殺到。立憲民主党から出馬した元モーニング娘。の市井紗耶香氏の向こうを張る「選挙の顔」になった。選挙期間中は連日街頭演説に立ち、全国40近い都道府県を踏破した。

 弁士の人気ランキングでは、「3位の安倍首相、2位小泉進次郎氏を抑えて堂々トップに躍り出た」(自民党選対関係者)との見方もあった。

 人気の菅氏とは対照的に“応援に来てほしくない政治家”のトップは「老後資金2000万円不足」の金融庁報告書を受け取らないと拒否して顰蹙を買った麻生太郎・副総理である。

 麻生氏が選挙戦で回ったのは新潟、千葉、徳島、東京など麻生派候補の選挙区がほとんど。新潟では「忖度発言」(*注)で苦戦に追い込まれていた元秘書の塚田一郎候補、東京では親戚の武見敬三候補に張り付いた。

【*注/下関北九州道路の事業化調査をめぐり、国土交通副大臣(当時)の塚田一郎氏が安倍首相と麻生副総理の地元事業とした上で、「私が忖度した」と語った。後に発言を撤回し、副大臣を辞任した】

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス