芸能

『ルパンの娘』深田恭子がハマる理由は「浮世離れ感」にあり

圧倒的な存在感を放つ深田恭子(番組公式HPより)

  深田恭子の“泥棒スーツ姿”も話題を集めるラブコメドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)。視聴率はまだ一桁だが、すこぶる評判がいい。主演の深田恭子の魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 日本人はランキングが大好きと言われるが、「期待を裏切らない浮世離れ女優ランキング」があれば、間違いなく頂点でにっこりするのは深田恭子である。

 新ドラマ『ルパンの娘』でも、思いっきり期待を裏切らない存在感を見せつけている。
 図書館で働く三雲華(深田)は、実は悪党のみを狙う謎の大泥棒家族「Lの一族」の娘。その恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は一族全員警察官という家柄だった。ロミオとジュリエットの悲恋話…かと思ったら、毎回、とんでもない悪党が出てきて、Lの一族は彼らからお宝をいただくことに。

 おっとりしたお嬢様姿だった華は、バラ色のボディスーツにハイヒール、仮面舞踏会かと思うようなアイマスクで怪盗に変身! 同様にゴージャス泥棒姿になったパパ(渡部篤郎)とママ(小沢真珠)、錠前破り名人のお祖母ちゃん(どんぐり)とともに現場に急行するのである。悪あがきする悪党には、容赦なくヒールでキックをかます華。その横ではパパとママがにこにこと宝石をかき集めているよ…。

 多くの人は華の姿を見て深田の「当たり役」を思い出したに違いない。映画『ヤッターマン』のドロンジョ様。ヤッターマンと戦う悪の集団ドロンボー一味のリーダーである彼女は、黒い革のボディスーツに、逆三角形のマスクというセクシーな悪女。手下のボヤッキーやトンズラーには「このスカポンタン!!」とパワハラの日々だ。深田ドロンジョはアニメイメージそのままで驚いたが、そのハイヒールが実に18cmで、マスクと合わせると身長が2mにもなると聞いて、またびっくりしながら、なぜか笑えた。

 そして、ヤッターマンにやっつけられ、髪もスーツも焼けこげながら「ヤッターマンめ、いっつもいっつも!悔しい!!」と自転車で逃げていくドロンジョは、見事「第52回ブルーリボン助演女優賞」「第16回東京スポーツ助演女優賞」を獲得。この役で…。心からお祝いしたいと思ったものである。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン