• TOP
  • スポーツ
  • 元プロ野球選手の葬儀 現役時と引退後所属先、仕切るのは?

スポーツ

2019.07.28 16:00  週刊ポスト

元プロ野球選手の葬儀 現役時と引退後所属先、仕切るのは?

星野仙一さんの「お別れの会」(写真/時事通信フォト)

 ジャニー喜多川氏(享年87)の「家族葬」には所属事務所のタレント総勢100人以上が集まった。さらに8月には「お別れの会」が予定されている。有名人の葬儀の裏には花の並べ方や焼香の順番まで、慎重かつ入念に準備された“序列”がある。

 スポーツ選手の場合も、交際範囲が広く、ファンも多い有名選手となれば、葬儀は大規模なものになる。

 2018年4月に亡くなった衣笠祥雄氏(享年71)のお別れの会は6月28日に広島市内のホテルで行なわれたが、選手や野球界OB800人とファンを合わせて約3000人が参列した。

「引退後は監督として広島に復帰することがなかったため、現役時代の広島球団と衣笠氏が亡くなるまで専属解説者を務めていたTBSで“どちらが仕切るか”を話し合ったそうです。最終的に発起人には広島のオーナーとTBSの社長の2人が並び、それに名球会が協力する形に収まった。緒方孝市監督がユニフォーム姿で参列するなど、やはりカープカラーが強かったですね」(球団関係者)

 プロ野球選手の場合、現役時代に活躍した球団と監督・コーチなど引退後の所属先のどちらが仕切るかが難しい。衣笠氏は“広島一筋”だったが、監督として複数球団で監督を務めたりした場合は、特に複雑になる。

 2018年1月に死去した星野仙一氏(享年70)はまさにそのケースだ。

関連記事

トピックス