• TOP
  • 国際情報
  • 忍者、蕎麦、桜… 韓国の主張と日本の正論【ウリジナル編】

国際情報

2019.08.03 16:00  週刊ポスト

忍者、蕎麦、桜… 韓国の主張と日本の正論【ウリジナル編】

韓国によれば「ソメイヨシノも韓国発祥」とのことだが…(写真/時事通信フォト)

 輸出管理問題など、一連の問題を受け、戦後最悪と言われる日韓関係だが、原因を紐解いていくと、韓国側が現実と乖離した極端な主張を繰り返していることが挙げられる。ここでは、「ウリジナル(韓国起源説)」として韓国が繰り広げている主張と、それに対して日本人が唱えるべき正論を整理して紹介する。ウリジナルとは、韓国語のウリ(我々)とオリジナル(起源)をかけた造語のことだ。

■韓国の主張
 忍者は新羅時代の特殊部隊「スルサ」が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 平安末期の源平時代に発祥し、その後日本各地で忍者の集団が結成された。

■韓国の主張
 蕎麦は「メミルグクス」という韓国のそば粉麺を日本が模倣して作ったもの。
□日本人が唱えるべき主張
 作物としての蕎麦は奈良時代以前に中国から伝えられ、室町時代に麺料理として一般家庭にも広まった。

■韓国の主張
 剣道は韓国の剣術競技「コムド」が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 江戸時代後期に発達した防具着用の竹刀稽古が起源。韓国には日帝時代に伝わった。

■韓国の主張
 柔道は中国から韓国に伝来したユスル(柔術)が源流で、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に日本に伝わった。
□日本人が唱えるべき主張
 12世紀以降に確立された武士の合戦時の技芸を源流とし、江戸時代に武術の一つとして発展した。

関連記事

トピックス