• TOP
  • ライフ
  • お金がかからない脳トレ 「アマゾンレビュークイズ」

ライフ

2019.08.08 16:00  女性セブン

お金がかからない脳トレ 「アマゾンレビュークイズ」

オバ記者の周辺で流行っている「アマゾンレビュークイズ」とは?(写真/アフロ)

 女性セブンでの体当たり取材でもおなじみのアラ還ライター、“オバ記者”こと野原広子が、最近気になっていることについて語ります。

 * * *
 最近、私の周りで流行っているのが「アマゾンレビュークイズ」。ラジオで流れてたのを聞いて、自分もやってみたくなって、友達と出し合いっこしてるんだけど、これがけっこう頭の体操になって面白いんだわ。

 アマゾン公式サイトを見ると、「カスタマーレビュー」が載ってるでしょ。商品の使い心地や満足度、不満点なんかが書き込まれてて、いろんな購入者の実感がよく伝わってくるアレ。あの感想の一部を切り取ってヒントにして出題するの。でもって、より少ないヒント数で、何の商品かを当てられるかどうかを競うの。

 出題者と解答者のやり取りを再現すると、例えばこんな感じ。

──第1ヒント。“ラベンダーがよかったです”。
「ああ、トイレの芳香剤? それか、香水?」

──ブーッ。じゃ、第2ヒント。“とても軽いです”。
「トートバッグとか? それか…意表を突いて、ラベンダー香がするお灸とか? 熱すぎない軽いタイプの」

──ブーッ。“6年保証もついてます”。
「んっ、家電? わかった、冷蔵庫!」

──ブーッ。“5万、6万円するけど、1万5000円で買えました”。
「…なら、掃除機か?」

──ブーッ。では、最終ヒントです。“入学祝いに買いました”。
「あ、それで、やっとわかった。答えはランドセルね」

──正解!

 私が聞いたのは、『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ・土曜9~13時放送)。

 ナイツの塙(宣之)さんが、慶応大卒の“お笑いジャーナリスト”たかまつななさんたちに出題したけど、最後のヒントまで解けなかったんだって。

 もともと、たかまつさんやカズレーザーさん(メイプル超合金のボケ担当で、同志社大卒のクイズ好き)らが楽屋とかで出題し合って楽しんでるらしい。

 私の友人K子いわく。

「頭のいい人たちが思いついただけあって、出題するにはけっこう知恵と工夫がいる。クイズだから、第1ヒントで正解がわかるようじゃダメ。レビューの言葉をうまく引っ張り出して、質問の順番を組み立てて、最後に『なあ~んだ』と言われるまで引っ張れるかどうか。簡単そうに見えて難しいから面白い。お金もかからないし、いい脳トレになる」

 なるほど、その通り。「ラベンダー」と聞いて、私が真っ先に頭に浮かべたのはラベンダー畑とそのにおい。これでまず、フレグランス系にミスリードされた。

 第2ヒントの「軽かった」で、それなりに形ある物を思い浮かべちゃう。

 で、「6年保証」という言葉から、今度は家電をイメージする。ドライヤー、アイロン、手動マッサージ器…。この前、ヨドバシカメラで掃除機を買い替えた時に、「5年保証つけますか?」と聞かれたけど、えッ、6年保証の家電ってあったっけ…?

 でもって、「5万、6万円」で買えるとなると、やっぱ中型家電かなぁ。でも…ん? ラベンダーとの関係は?? あれこれ惑わされて、頭がぐちゃぐちゃになってくる。

関連記事

トピックス