芸能

SMAP再結成の現実味、“日本のドン”が要望し他でも様々な動き

SMAP再結成の可能性は? マスク、メガネ、帽子で変装した中居

「まさかの投稿に驚きました。テレビ局の大スポンサーで、安倍晋三首相(65才)ら政治家に強い影響力がある大物の発言ですから実現に期待できます」(テレビ局関係者)

 9月20日、日本財団会長の笹川陽平氏(80才)がブログに綴った文章が波紋を広げている。

《夢の実現のために怨讐を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ》

 2016年末に惜しまれつつも解散したSMAPには、これまでも再結成を望む声は聞かれてきた。だが、今回の一文は過去の“要望”とは異なる。総資産3000億円といわれる日本最大規模の財団の会長の言葉は、重く感じられる。

「香取慎吾さん(42才)ら『新しい地図』は2020年の東京パラリンピックを支援する『日本財団パラリンピックサポートセンター』(以下、パラサポ)のスペシャルサポーターに就任しています。その中心人物である笹川さんが、5人での活動を願っていることを“公の場”で明かしたということは、なんらかの動きを見せる前兆かもしれません。何より、パラリンピックという今までにない“好条件”がSMAP再結成を後押しするとみられています」(芸能関係者)

 解散前の2015年、SMAPの5人はパラサポの公式応援サポーターに就任。中居正広(47才)はかつて「SMAPのPはパラリンピックのP」と公言するほどだった。

「5人は障害者も健常者も、スポーツを楽しむことをサポートする、それが自分たちの存在意義だと語っていました。それができなくなったことは心残りだと思われます」(スポーツ紙記者)

 笹川氏のブログを目にしたファンもすぐさま反応した。《SMAPを求める声を上げてくれてうれしい》《覚悟を感じる》《国民的アイドルの再結成を願う》とうれしい悲鳴を上げている。

 ファンの期待がふくらむのは、中居と木村拓哉(46才)が“邂逅”したことも理由の1つだった。

「SMAP解散以降、プライベートでも仕事の場でも一度も会うことのなかった中居さんと木村さんが、9月4日に行われたジャニー喜多川さん(享年87)のお別れの会で顔を合わせました。軽い挨拶を交わしたという話もあり、ファンは2人の関係を敏感に感じとったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 2人が急接近した同じタイミングで、「新しい地図」もSMAP時代を思わせる活躍を見せた。3人は9月15日、千葉県で開催された「氣志團万博2019」に出演した。

「フェス初参加でSMAPの曲を歌わなかったものの、ほかの出演者目当てだった音楽フリークに“やっぱりSMAPのメンバーはすごい”と言わせる圧巻のパフォーマンスを見せていました。その活躍もあって、5人そろってのパフォーマンスを期待する声が大きくなっています」(音楽業界関係者)

スポーツウエアを着たプライベート全身姿

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン