• TOP
  • ライフ
  • 「映画のまち」調布 深大寺蕎麦は江戸時代から続く名物

ライフ

2019.10.03 16:00  週刊ポスト

「映画のまち」調布 深大寺蕎麦は江戸時代から続く名物

 新宿駅から京王線特急で14分の調布は、武蔵野の自然に古刹の風情が息づく、秋の日帰り行楽にぴったりのまちだ。

 東京23区に接するアクセスの良さと、豊かな自然が両立する。奈良時代に開創された深大寺へは、駅北口から京王バスで10~15分。パワースポットとして人気を集め、国内外から多くの人が訪れる。その境内に流れる湧き水とともに育まれた深大寺蕎麦は江戸時代から続く名物であり、今も20ほどの店がある。また漫画家・水木しげる氏が50年以上暮らした街、映画・映像関連企業が集う「映画のまち」としても知られている。そんな調布の人気スポットを紹介する。

◆深大寺(じんだいじ) 東京都調布市深大寺元町5-15-1

深大寺

 1300年の歴史を誇る、自然に溶け込むような佇まいの寺院。2017年に釈迦如来像が国宝に指定された(拝観料300円)。10月11日に観月会、11月下旬にそば守観音供養祭を開催。

◆鬼太郎茶屋 東京都調布市深大寺元町5-12-8

鬼太郎茶屋 (C)水木プロ

水木しげる作品が展示されたギャラリー (C)水木プロ

ぬり壁の味噌おでんは400円 (C)水木プロ

『ゲゲゲの鬼太郎』の世界を再現した茶屋。一反もめんの茶屋サンデー(800円)やぬり壁の味噌おでん(400円)など妖怪モチーフのメニューを提供するカフェのほか、グッズが買えるショップ、ギャラリー(入場料100円)がある。
・営業時間:火~日 10時~16時半(L.O.)
・定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

関連記事

トピックス