• TOP
  • ライフ
  • 医薬品・サプリ・食事、いかにして摂取すべきなのか

ライフ

2019.10.09 16:00  女性セブン

医薬品・サプリ・食事、いかにして摂取すべきなのか

「まずベーシックサプリメントはひと通りおすすめします。そして高齢者が要支援や要介護になる原因、認知症、脳卒中、フレイルの予防が期待できる葉酸、イチョウ葉、ビタミンD、グルコサミン、HMBを。

 なかでも葉酸は国内外からアルツハイマー型認知症、軽度認知障害(MCI)予防の検証報告があり、茨城県境町など複数の自治体が住民にサプリを配布する『葉酸サプリプロジェクト』を実施しています。行政も健康長寿を目指して葉酸の普及に乗り出しています」

 多くの商品の中から選ぶポイントは、適正製造規範(GMP)を準拠している国内の大手メーカーを選ぶと、安全性の面でまず安心。

 また、必要とする成分の含有量と価格をしっかり比較。メーカーによりかなり違いがあるので、必要量が含まれているか、続けられる価格かどうかを確認しよう。1か月あたり1000~3000円までが目安だ。

 サプリは食品のため、用法・用量も表示できないが、基本的に食事と一緒に摂取する。目安量を守り、複数粒の場合は朝夕などに分けて摂るのがおすすめ。数種類~10種類以上摂っても問題はない。

※女性セブン2019年10月17日号

関連記事

トピックス