スポーツ

ラグビー代表、海外にルーツを持つ選手達と一体になるまで

トンプソンルーク(196cm)と田中史朗(166cm)の身長差は30cm(写真/アフロ)

 試合前の整列。スタジアムに「君が代」が流れると、桜のジャージの外国人選手たちが斉唱を始めた。目に涙を溜める選手もいる。日本を背負って戦う責任感と武者震い──。彼らはなぜラグビー日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
 ラグビー日本代表のチームワークを象徴するシーンだった。日本代表12番の中村亮土(28才)が、アイルランド10番の突進を突き刺さるような低いタックルで食い止める。次の瞬間、日本代表4番のトンプソンルーク(38才)が、ボールを奪おうと高めのタックルを浴びせ、相手を仰向けに倒す──。

 9月28日、ラグビーワールドカップ(以下、W杯)の日本対アイルランドの一戦。日本中を沸かせたジャイアントキリング(大番狂わせ)の一因が、繰り返されたダブルタックルだった。アイルランド代表に比べ、小柄な日本代表は1対1では当たり負けしてしまう。そこで必ず2人でタックルに行く戦術をとっていたのである。

 それが見事に決まったのが冒頭のプレーだ。6対12のアイルランドのリードで迎えた前半34分。中村とトンプソンのダブルタックルにより、日本はゲームの流れを引き寄せる。その後のスクラムで奪い取ったペナルティーと、直後のペナルティーゴールを糸口に、日本は反撃に転じた。

 前半を9対12で折り返した日本は、後半18分に逆転のトライ。さらに4本目となるペナルティーゴールで19対12と突き放し、勝利を奪った。世界ランキング2位の優勝候補から奪った大金星は、日本だけではなく、世界中のファンを驚かせた。さらに10月5日のサモア戦も38対19で勝利。日本としてはW杯ではじめて3連勝を挙げて、史上初のベスト8進出に弾みをつけた。

 中村とトンプソンのダブルタックル。そして、韓国、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、そして日本にルーツを持つ8人の選手が一塊になって、アイルランドを押し込んだスクラム。何よりも、そうした多様な背景を持つ選手たちが、ひとつになって果敢に戦う日本代表のプレーが、国境を超えてファンの心を掴んだのである。

◆合宿中に「君が代」の練習を続けてきた

 キャプテンとして代表を率いるのが、リーチマイケル(31才)である。ニュージーランド出身の彼は、日本代表になった動機をこう振り返る。

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)
社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論
週刊ポスト
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん
「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン