• TOP
  • 国際情報
  • 中国で少数民族居住地を中心に住民のDNA採取強化

国際情報

2019.10.12 07:00  NEWSポストセブン

中国で少数民族居住地を中心に住民のDNA採取強化

DNAで国民を管理

 中国では9月下旬から広西チワン族自治区、湖北省や安徽省、浙江省などの農村部を中心に、警察による住民のDNA採取が開始されていることが明らかになった。警察署からの通達によると、「警察の基本情報管理の完全化」と「国民管理の精度の向上化」を目的としており、「家族(のDNA)調査を通じて、社会の治安現状を把握し、国民への管理能力を増強する」ためだという。

 警察当局が「現時点で7000万件以上のDNAデータを収集しており、来年までの1年間で1億件のデータ収集を目標にしている」ことが伝えられており、中国では治安維持のために、国民一人一人の管理が強化されているようだ。米国政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 最初にDNA採取を開始したのは、少数民族が多く、反政府暴動も発生している新疆ウイグル自治区。同自治区ではウイグル族やカザフ族などの少数民族を中心に、中国政府の政策に従うように「再教育プログラム」が実行されており、その過程で強制的に血液や唾液が採取されているという。

 このようなDNA採取は今年9月から、中国の農村部に拡大している。同様に少数民族地区である、広西チワン族自治区桂林市の警察本部が住民に連絡した通達では、各警察署の担当者が今年9月20日から12月31日まで管轄内の各地域に入り、住民の血液サンプルの採取を行うとしている。

関連記事

トピックス