• TOP
  • スポーツ
  • 福原愛の「モンスター義姉」 1000文字反省文の効果は

スポーツ

2019.10.27 16:00  女性セブン

福原愛の「モンスター義姉」 1000文字反省文の効果は

台湾で暮らしている福原愛(撮影/平野哲郎)

 卓球の江宏傑選手(30才)との電撃結婚後、台湾で暮らしている元卓球日本代表の福原愛(30才)。

 10月12日には2才の誕生日を翌日に控えた長女・あいらちゃんのことを自身のツイッターにアップした。

「母として、あいらちゃんの願いを全部叶えてあげたいという愛情あふれる内容で、台湾でも大反響を呼びました。でも、その陰で愛ちゃんは悩みを抱えているようなんです…」(愛さんの知人)

 その悩みとは、子育てに関するものではなく、実は“小姑”との関係なのだという。

 愛さんの小姑である義姉の江恆亘さん(ジェン・リガ 39才)の芸能界デビューが、台湾の大手メディア『自由時報』の一面で報じられたのは、9月に入ってからのことだ。

「見出しには『福原愛』の名前が大きく載っていましたが、愛さん自身は記事が出ることを知らされていなかったようです。

 恆亘さんは美人でスタイルもよく、とても39才とは思えない“美魔女”ですが、性格は一筋縄ではいかないとの評判。弟を溺愛していることはよく知られていますが、テレビのインタビューで愛さん夫婦のプライベートを勝手に明かすので、愛さんが困っているとも伝えられました」(台湾のメディア関係者)

 愛さんの恆亘さんに対する困惑ぶりは海を越え、日本のメディアでも報じられたが、それに反応したのが、恆亘さんの友人たちだった。

「日本で『モンスター義姉』報道が出た後、友人たちがそれに便乗し、“日本の報道の通り、彼女はお姫様のようにわがまま”“性格がキツイいじめっ子”“彼女のことで愛さんが困っている”といった証言が相次いだんです」(前出・台湾のメディア関係者)

関連記事

トピックス