• TOP
  • ライフ
  • 全米最優秀女子高生の母がコーチ「2020年からの子育て」

ライフ

2019.11.17 07:00  NEWSポストセブン

全米最優秀女子高生の母がコーチ「2020年からの子育て」

ボーク重子さん(撮影/浅野剛)

 日本では2020年の教育改革で、これまでの学力偏重型教育から非認知能力教育へのシフトがやっと始まる。20年前から非認知能力育成に重きを置き始めたアメリカで、娘・スカイさんの子育てをしたのが福島県出身のボーク重子さん。2017年にはスカイさんが「全米最優秀女子高生コンテスト」で優勝し、日米の多くのメディアに登場した。最近は子育ての経験、またライフコーチとしての経験を元に書籍『「パッション」の見つけ方』(小学館)を発売し話題になっているが、娘の誕生当時は、慣れないアメリカでの生活に子どもの世話が加わり、ストレスがたまる毎日だったという。ボークさんが語った。

 * * *
 そのストレスの最大の原因は、「自分を見失ってしまう感覚」にあった。

「私は子育てと主婦業で心身ともにいっぱいいっぱいで、自分が何者で何をしたい人間だったのか、まるでわからなくなっていました。地元ワシントンDCのおかあさんたちと話す機会があると、みなさん自分の活動について話します。それが仕事の話であることもあれば、ボランティアのこともありますが、とにかく『あなたは何をしているの?』と聞かれて『子育て』『主婦』と答える人は存在しないことに驚きました。日本とは感覚がまるで違うのです。みな熱心に子育てをしているのは当然ですが、一方で“自分の人生”の軸をしっかり保っているのです」(ボークさん、以下同)

 たとえば、“人種差別のない学校を作る夢のために今は複数の学校でカウンセラーのボランティアをしている”、“カフェを持つ準備としてホームレス施設で調理のボランティアをしている”などその活動はさまざまでありながら、みなその先に「自分が何をしたいか」という熱いパッションや目標の明確なイメージを持っている。

「もちろん個人差はありますが、アメリカでは母親は“お世話する”存在ではなく、“導く”存在という印象が強いと思います。自分が好きなことに邁進し、子育てとパッションを両立させる生き様を見せることで、子どもにも『自分の好きなことで生きていいんだ』『どんなに苦労しても夢を実現するためなら人はがんばれるんだ』『大人になるって楽しそう』という認識を持たせる。これは学校では教えられない、とても大切な教育です」

コンテストでは、時事問題に関する意見や、音楽やダンスなどの特技を発表し、学力や知力、体力のみならずコミュニケーション力、自己表現力などを競った。娘・スカイさん(中央)とボーク重子さん。

“導く親”になるためには、親自身がパッションを掲げ、自分を律しながら夢に向かって前進する姿を子どもに見せることが重要だ。ときには何かに躓いたり悩む姿、それを乗り越えるために努力する姿を見せることも子どもには大きな学びになる。優しく接するだけでは子どもは生き方を学ぶことはできないのだ。

 しかし、親が夢に向かって一歩踏み出そうとするとき、それを阻む要因になるものがある。「自分育て」をすることに対する罪悪感だ。

「日本のママたちに特に多いと思いますが、『母親はこうあるべき』という強い固定観念があるため、完璧な母親像を目指してしまい、“子どものためにこんなこともできていないのに、自分のために時間をさいてはいけない”と感じてしまう感覚です。ここで必要なことは3つ。一つは、自分を褒める習慣をつけること。“これしかできていない“を”ここまでできた!“に変更する。親自身の自己肯定感が低いと子どもの自己肯定感も低くなることはさまざまな研究でも証明されています。

 二つ目は、常識からの解放。そもそも常識は、誰が作ったものがわかりませんし、最近の研究で働く母親の元で育った子どものその後の年収など追跡調査をしたところ、“働く母親は子どもにとって不利益”というのは単なる迷信だったことがわかりました。

 三つ目、一日15分でいいので、純粋に自分のためだけの時間を作る、その間は妻業も母業も絶対にしない。可能なら毎日決まった時間帯にその15分をもうける。すると、次第に自分にも家族にとっても習慣になり無理して捻出する感じは無くなります」

関連記事

トピックス