ライフ

インフル処方薬タミフル、ゾフルーザ、イナビル 違いと特徴

それぞれの薬の特徴を解説

 インフルエンザに発病した場合、医療機関で薬の処方を受けることになるが、主にどんな薬があるのか。秋葉原駅クリニックの大和田潔医師が言う。

「現在用いられる主な治療薬には、経口薬の『タミフル』『ゾフルーザ』、吸入薬の『イナビル』、静脈注射の『ラピアクタ』などがあります。38.5℃以上の高熱などの症状が出てから、48時間以内に服用し始めれば効果が期待できます」

◆耐性ウイルスが出た「ゾフルーザ」は使うべき?

 ゾフルーザは「1回の服用でOK」の手軽さから昨年は治療薬の中で最も多く使われた一方で、薬が効きにくくなる「低感受性ウイルス(※注/ウイルスが薬への抵抗力を持ち、薬が効きにくくなる。耐性ウイルスとも報じられる)」の問題が指摘されている。

 11月25日には東大の河岡義裕教授らが、ゾフルーザは低感受性ウイルスが発生しやすく、感染力も通常のウイルスと同程度に強いとの研究結果を発表した。

 日本感染症学会は低感受性ウイルスを生じさせるリスクが高い「12歳未満」へのゾフルーザの投与を慎重に検討するよう提言している。日本感染症学会インフルエンザ委員会委員で東京病院統括診療部長を務める永井英明医師の見解はどうか。

「学会のインフルエンザ委員会でも意見が分かれましたが、ゾフルーザには『ウイルスの減少が早い』というメリットがあるのも事実です。昨シーズンは550万人ほどに使用されたが、臨床で大きな問題は起きていない。低感受性ウイルス出現のリスクを知った上で、ゾフルーザを使っても良いと私は考えています」

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン