スポーツ

羽生結弦が描く2022年・北京五輪“逆転劇”の胸算用

2022年の北京五輪では圧勝か(共同通信社)

 封印していた4回転ルッツを2年ぶりに成功させ、演技終了後は氷上にうずくまりしばらく動けなかった。すべてを出し切ったが、ライバルには及ばなかった。羽生結弦選手(25才)の「キャリアの終焉」をささやき始めたメディアもある中、本人はそれでも前を見据えていた──。

「今に見とけよって感じ」、「点数ほど大きな差はない」、「勝負には負けているけど、自分の中の勝負にはある程度、勝てた」。完敗後、メディアのインタビューを受けた羽生結弦選手(25才)は、驚くほどポジティブな言葉を連発した。これは「強がり」なのか、それとも「自信の表れ」か──。

 12月7日、イタリアのトリノで開かれたフィギュアスケートグランプリファイナル(以下GPファイナル)の男子シングルの栄冠は、史上最高得点を叩き出したネイサン・チェン選手(20才)の頭上に輝いた。これで、GPファイナルは3連覇となる。

 ショートプログラムで2位につけ、3年ぶりの返り咲きを狙った羽生選手は結果的に、40点以上もの大差をつけられ2位のままだった。

「ショート、フリーともほぼノーミスのネイサン選手の演技の安定感には脱帽です。まだ20才ですから、これからますます技術にも表現力にも磨きがかかっていくでしょう。一方の羽生選手はジャンプのミスが続くなど体力の衰えも見られました。年齢を考えても、今後ネイサン選手を抜き返すのは簡単なことではありません。一部では“レジェンドの引退”もささやかれ始めています」(フィギュアスケート関係者)

 しかし、羽生選手自身はこの敗戦を受けて、冒頭のように前向きな発言に終始したのである。

「既に気持ちは12月19日開幕の全日本選手権に向けて、切り替えています。全日本の次のターゲットは、2020年3月にカナダのモントリオールで開催される世界選手権になるでしょう。その調整に集中するため、韓国で2月に行われる四大陸選手権には出場しないと思われます。

 彼は元来、弱音を吐かないタイプですが、根拠がない自信を持つタイプでもない。“秘策”をモチベーションにしているはずです」(スケート連盟関係者)

 年が明ければ、北京で開催される次の冬期五輪まで残りわずか2年。前人未踏の3連覇に27才という年齢で挑む羽生選手は、どのような“逆転劇”を描いているのだろうか。

 実は、そのヒントとなりそうな重大発言が、11月下旬のNHK杯の直後に、羽生選手自身の口から飛び出していた。

「この大会で優勝した羽生選手が、“いつかロシア人コーチに師事してみたい”と初めて明かしたのです」(前出・スケート連盟関係者)

 今、フィギュア界ではロシア勢が席巻中だ。

 今回のGPファイナルでは、女子の表彰台をコストルナヤ選手(16才)、シェルバコワ選手(15才)、トルソワ選手(15才)のロシア勢が独占したが、彼女たちは全員がロシア人のエテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受けている。

「トゥトベリーゼ氏は、鉄の女という異名を持つほど笑わないコーチとして有名で、練習で150%、本番では110%の力を出すというモットーのもと、練習から全力を尽くすようにと厳しい指導をしています。その成果か、エテリ組と呼ばれる教え子は、女子ながらいとも簡単に4回転を跳ぶ選手ばかり。

 今、ロシア=4回転先進国というイメージが、フィギュア界にはあります。羽生選手が、ロシア人コーチに興味が湧いている理由もそこにあるはずです」(前出・フィギュアスケート関係者)

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン