• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】大沢在昌氏 『暗約領域 新宿鮫XI』

ライフ

2019.12.17 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】大沢在昌氏 『暗約領域 新宿鮫XI』

大沢在昌氏が『暗約領域 新宿鮫XI』を語る

【著者に訊け】大沢在昌氏/『暗約領域 新宿鮫XI』/1800円+税/光文社

 鮫が、帰ってきた。前作『絆回廊』から8年ごしの復活。1990年刊の『新宿鮫』からは約30年目となる。

「鮫島は初登場の時が35歳だから、ゆっくり進む“サザエさん”みたいな感じかな(笑い)」

 そうした時差(?)をさし置いても、新宿署生活安全課の万年警部・鮫島には、大沢在昌氏の言うところの「現実の1歩先」の事件が似合う。最新作『暗約領域』でも、ヤミ民泊、MDMA、仮想通貨、謎の国際犯罪集団の台頭など、叩けば叩くほど地下に潜り、複雑さを増す現代の犯罪シーンを活写し、その只中で再び孤独を強いられた一匹狼の再生を描く。

 そう。本作は唯一の味方だった生安課長〈桃井〉が前作で殉職し、恋人〈晶〉とも別れた鮫島が、新たな上司と相棒を得る再始動の章でもあった。その上司の名は〈阿坂景子〉──シリーズ初の女性上司である。

「元々桃井の後任は女性にするつもりでいたし、前作の終わり方が終わり方だけに、もっと早く続きを書ければよかったんですけどね。『もしやこれで完結?』という声も実際多かったから。

 確かにそう読めなくもないけど、失意の底にあってなお現場に立ち続けてこそ鮫島だし、“男の美学”を声高に語るのだけがハードボイルドじゃないから。むしろそいつが何を背負い、何を堪えてるかが多くは語らずとも透けて見えたり、言葉より行動で見せるさりげなさが、僕が考えるハードボイルドの本質なんです」

関連記事

トピックス