• TOP
  • 芸能
  • 吉田羊、酒の飲み方に変化 「2軒目は遠慮」のプロ意識

芸能

2019.12.17 07:00  NEWSポストセブン

吉田羊、酒の飲み方に変化 「2軒目は遠慮」のプロ意識

本当は好きなだけ飲みたい?

 芸能界きっての酒好きとしても知られる女優・吉田羊の“夜の飲み活”に、異変が起きているようだ。

 吉田は現在、舞台『風博士 日本文学シアターVol.6【坂口安吾】』に出演中。12月上旬の終演後には、劇場にほど近い東京・三軒茶屋の居酒屋で、舞台関係者と酒席を囲んでいた。それ自体はいつもの光景だ。ところが、宴もたけなわ、店を出るとおしゃれなハットに落ち着いた紺色のコート、さらにはマスク姿で、関係者らに別れを告げて自宅へと帰っていった。

「お酒にめっぽう強く、でも酔うとスキンシップが増えて可愛くなるとか、酒にまつわるエピソードが多い吉田さんですが、最近、お酒を控えているようなんです。以前は3次会も当たり前。朝方まで飲み明かし、相手を潰して一人さっそうと帰るのが“羊スタイル”でしたが……」(芸能関係者)

 実はその理由は、最近の仕事内容にあった。

「吉田さんは現在公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』で、日本語吹き替え版声優を務めています。アナとエルサの母親役で、劇中でも二人に子守歌を聞かせるシーンで美声を披露しているんです。もともと歌唱力にも定評があって、かつてはJUJUのアルバムでは、JUJUとのデュエット曲で楽曲参加もしているほど」(映画関係者)

 現在出演中の舞台にも、吉田の歌唱シーンがある。

「お酒を飲みすぎると、やはり喉がやけてしまうようで……舞台で歌うので、最近はお酒を控えているとのことです。といっても、全く飲まないわけじゃない。1次会で数杯は飲んでいるようです(笑い)」(前出・芸能関係者)

 声をより酷使する歌の仕事が続き、喉を守る意識が高まっているよう。しばらくは酒を控える日々が続きそうだ。

『アナ雪2』で母親役を演じている

颯爽と街を歩いていく

タクシーに乗り込んだ。喉を守るマスクは外さない。

関連記事

トピックス