• TOP
  • ビジネス
  • コンビニvsファストフードの熱きコーヒー戦争 各社徹底比較

ビジネス

2019.12.21 07:00  NEWSポストセブン

コンビニvsファストフードの熱きコーヒー戦争 各社徹底比較

【マクドナルド】

2019年10月にリニューアルしたマクドナルドの「プレミアムローストコーヒー」

2019年10月にリニューアルしたマクドナルドの「プレミアムローストコーヒー」

●主要コーヒー&価格/プレミアムローストコーヒーS(100円)・M(150円)

●特徴/2019年10月11日にコーヒーをリニューアル。豆の焙煎度合を深くすることで「甘味・酸味・苦味」のバランスを調整。特に酸味を抑え、苦味を効果的に使うことで、食事とよく合う味に仕上げている。

●評価/ペーパードリップにてサーバーに落として保温しているため、淹れたてコーヒーは秀逸の香りを放つが、時間が経過すると香りが引き立たなくなる感じ。味はリニューアル前よりコクが増して濃くなった気がする。冷めやすくなるが、フタを外して飲んだほうが口いっぱいにコーヒーの味わいが広がる。

【モスバーガー】

大きめのカップで提供されるモスバーガーのブレンドコーヒー

大きめのカップで提供されるモスバーガーのブレンドコーヒー

●主要コーヒー&価格/ブレンドコーヒー(250円)

●特徴/2018年11月にコーヒーをリニューアル。幅広い消費者の味覚に合う味わいに仕上げるため、なじみ深くまろやかな酸味とコクが特徴のモカをベースに豆のブレンドを見直した。

●評価/すっきりとした切れ味の良い酸味が特徴。温められた陶製のカップで提供されるため、冷めにくく長い時間楽しむことができる。コーヒー単体はもちろん、食事との合わせにも妙味を発揮する。また、モスカフェでは大き目のカップで提供される。同日同店舗であるが、おかわりが100円なのはうれしい。

【KFC(ケンタッキーフライドチキン)】

個性的な味わいのケンタッキー「挽きたてリッチコーヒー」

個性的な味わいのケンタッキー「挽きたてリッチコーヒー」

●主要コーヒー&価格/挽きたてリッチコーヒー(240円)、挽きたてアメリカンコーヒー(240円)ほか

●特徴/2019年10月、コーヒーを約3年ぶりにリニューアル。「挽きたてリッチコーヒー」は、3段階の焙煎度の豆をミックスして香りや味わいにボリュームを持たせた。ほどよい酸味とコクが特徴で、すっきりした味わいはチキンにもぴったり。

●評価/個性的なコーヒーに仕上がっている。一口飲んだ瞬間にガツンと苦みが口の中に広がる。コーヒー単品で楽しむと多少口当たりが重い印象を受けるので、オリジナルチキンと合わせて飲むのが一番おいしく感じる。チキンを食べ終わった後の、スパイスとオイルをしっかりとリフレッシュしてくれる効果も併せ持っている。

関連記事

トピックス