スポーツ

26年ぶり箱根駅伝出場の筑波大 奇跡起こした監督のメソッド

筑波大学を26年ぶりの箱根駅伝出場に導いた弘山勉監督

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走、通称「箱根駅伝」(2020年1月2、3日)まで残すところあと9日。今年は唯一、国立大学が出場を決めている。10月26日に開催された予選会において6位に入った筑波大学(茨城県つくば市)だ。1994年以来、26年ぶりに本大会に返り咲いた。

 そもそも筑波大は、 第1回箱根駅伝で優勝した東京高等師範学校の流れをくむ超伝統校。また、NHK大河ドラマ『いだてん』の主人公、金栗四三の母校でもある。つまり、第1回大会からちょうど100年の節目となる大会で、初代のチャンピオンが帰ってくるのだ。

 筑波大は箱根の常連校で61回の出場を誇っていたが、国立大のため、私立大に比べると、駅伝強豪校から選手を思うように集められない現実があった。大学からの強化予算もゼロのため、70回大会を最後に、本大会出場は果たされていなかった。それが──予選会にて、6位というまさかの好成績。

◆筑波大出身の元選手が監督就任、クラウドファンディングで資金調達

 今回の奇跡のウラ側には、たくさんのドラマがつまっていた。箇条書きにするとこうなる。

・合宿費などにあてる強化資金を、クラウドファンディングで集める
・予選会3か月前にチームが新体制に! 主将、副主将が一新の驚き 
・9月には、金栗四三の故郷・熊本県玉名で合宿、四三の墓前で“復活”を誓う

 ・・・・・ 中でも人間ドラマを演出したのが、2015年から監督を務める弘山 勉(ひろやま・つとむ)さんだ。  12月11日の会見では、「選手たちの達成感はハンパではない。充実した気持ちを持ち続けられれば、いいパフォーマンスを発揮できる」と自信をうかがわせるコメントをしてくれた。目標は、シード権獲得の10位以内だ。

 監督自身が筑波大学のOBで、2年生の時は花の2区を走り、4年生の時は主将としてチームを牽引。4年間、連続出場した。資生堂入社後は指導者不在の中、独自に科学的トレーニングを学び、別府大分毎日マラソンや福岡国際マラソンで結果を出した“理系の選手”。現在は筑波の監督を務めながら、パートナーの晴美さん(弘山さんが育成しアトランタ、シドニー、アテネのオリンピック三大会や世界陸上に出場)とともに、一般ランナーにも指導をおこなっている。

箱根駅伝出場に沸く筑波大学はシード権獲得を目指す

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン