国内

いま再注目される大阪 清と濁が渾然一体となる社会の現状

2025年には万博が開催される(時事通信フォト)

 東京五輪の陰に隠れているが、大阪がいま、再び注目を集めている。1970年以来、55年ぶりとなる大阪万博の2025年開催が決まり、IR法案に関連してカジノ誘致も盛り上がる。政界では維新旋風が吹き荒れ、昨年4月の大阪知事・市長ダブル選で圧勝。府と市の二重行政をなくし、特別区を設置する「大阪都構想」は、今年11月にその是非を問う住民投票が予定されている。

 さらにはインバウンド・ブームで、関西空港にショッピングエリアの心斎橋や難波と、どこも外国人客で賑わっている。日本有数のコリアンタウンである鶴橋(大阪市)は国内外からの観光客で溢れ、道頓堀周辺のドラッグストアに殺到する中国人客の爆買いはいまや大阪名物だ。不動産市場も好調で、タワーマンションやホテルの建設ラッシュが続く。

 だが、光が当たれば影も色濃くなる。

 芸能界に目を向ければ、吉本興業の闇営業問題で、大阪が生んだお笑い文化と反社会勢力の“切っても切れない”関係が露呈した。ヤクザの世界では、山口組分裂抗争をめぐり、大阪市内の傘下組事務所に対し、大阪府警が使用制限の仮命令を通達。組員の集合や連絡に事務所を使うことを禁じた。府内初となる措置に衝撃が走った。

 光と陰、清と濁が渾然一体となりながらあらゆる方向にエネルギーを解き放つ街──それが大阪だ。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン